アロマオイルを市販の商品に混ぜるだけ!簡単アロマクラフトでリッチな気分に!?

アロマオイルの使い方として、市販のシャンプーやリンス、乳液、化粧水、クレンジングクリームなどに精油を数滴追加で入れて香りを楽しむという使い方があります。

今日は自作アロマクラフトの作り方の中で、簡単に出来る方法を幾つかご紹介しますね♪

「なにそれ簡単!やってみたい!」

となる事必至です・・・たぶん♪

混ぜるものは基本的に市販されている、無香料・無添加の物を使用するようにして下さい。

無香料、無添加というと高いイメージがありますが、全然高くないので気軽に薬局やネットでも買えます♪

ではでは早速紹介して行きますね!

1.市販の全身用のボディソープにアロマオイルを混ぜる

市販の全身用のボディソープにアロマオイルを混ぜる

一つ目は全身を洗うボディーソープにアロマオイルを追加するものです。

方法としては、

・一回分のボディソープに「1滴」入れて身体を洗う方法
・ボディソープ数回分を別容器に移して作り置きする方法

があります。

お手軽なのはシャンプーごとに1滴たらす方法ですが、アロマオイルの瓶が濡れてしまったりするので気を付けて下さい。

ボディソープ数回分を別容器に移して作って置く方法については、

無添加・無香料ボディソープ50ml
精油5滴 ~ 7滴位
ホホバオイル5ml~10ml(お好みで)

沢山作ると肌に合わなかったときや臭いが気になる時に勿体ないのでこの位が良いと思います。
また、保存は1ヶ月くらいまでにしてください。

作り置きした方が、毎回1回1滴使うよりも希釈されますので穏やかな香りになります。

50mlは一般的な栄養ドリンクの瓶の半分くらいです^^

一回分のボディソープは2・3プッシュで6ml~9ml位の様ですよ。

2.市販のシャンプーまたはリンスにアロマオイルを混ぜる

市販のシャンプーまたはリンスにアロマオイルを混ぜる

二つ目はシャンプーまたはリンスにアロマオイルを追加するものです。

方法としては、ボディソープと同じように

・一回分のシャンプーまたはリンスに「1滴」入れて身体を洗う方法
・シャンプー・リンス数回分を別容器に移して作り置きする方法

があります。

シャンプーまたはリンス、両方入れても良いと思います。

こちらも同じように、シャンプーまたはリンス数回分を別容器に移して作って置く方法については、

無添加・無香料シャンプーまたはリンス50ml
精油10滴位
グリセリン5ml(お好みで)
ホホバオイル5ml(お好みで)

ボディソープより精油の量が少しだけ多めです。

髪がべとべとする場合はホホバは少なくしてください。
私的にひまし油やオリーブオイル、ベビーオイルも全然良いと思います。

最近だとシャンプーにオイルをまぜて、育毛や保湿、美髪の為にシャンプーする方法をやっている方がいるようです。

オイルは少量で良いです。入れ過ぎるとベタベタしますので。

3.市販の乳液にアロマオイルを混ぜる

市販の乳液にアロマオイルを混ぜる

二つ目は無添加・無香料の乳液にアロマオイルを追加するものです。

乳液50mlに対して1滴ほど入れて混ぜます。

保存は2か月くらいだそうなので、小瓶に分けて作って使用するようにして下さい。

乳液は肌に1日中つけるものになるので、違和感があった時はすぐに使用をやめる様にして下さいね。

肌につけるとほのかに香りますので私は好きです。

クリームタイプの物や、クレンジングクリームも同様に50mlで1滴くらいだそうです。

4.市販のハンドクリーム・ワセリンにアロマオイルを混ぜる

5

ハンドクリームワセリンに混ぜる時も、50mlに対して1滴程で良いと思います。
中にはニベア青缶に入れている方もネットで見ました。

精油(エッセンシャルオイル)の効果

精油の効果

精油は香りを鼻から吸い込む事での脳の効果と、肺に吸い込む事で全身にアロマオイルの成分が浸透していく効果と、皮膚に触れる事で現れる効果があります。

少量なので安心して取り入れることができるので、香りが足り無いからと言って過度に入れる事はしないようにして下さいね。

私は、エッセンシャルオイルの香りを嗅いでいると、心身ともにリラックスして、とっても集中できます♪

注意したい事

注意したい事は光毒性のあるベルガモット、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系です。

日中付けているとシミの原因になります。

光毒性の無い、他の精油でも、特に一日中肌につける、乳液、クリーム、などは入れえ過ぎないように、少量から試すようにして下さいね。

また、精油の量は全体の1%以下にしなくてはいけないとよく言われています。
1滴はおよそ0.05ml です。

それで計算すると、50mlで10滴までということになりますが、最初は一日中肌につけるものなので、念の為トラブルが無いように1滴から初めて下さいね♪

最後に。

アロマクラフト

無添加、無香料の製品は身体に良さそうな気がして使ったりするのですが、香りが無い分、お風呂タイムなどでも少し物足りないと感じてしまいます。

市販の物にエッセンシャルオイルを追加して使用する方法は、アロマオイルの書籍にもこういった使い方が載っています。

私は賛成派ですが、ネットの書き込みでは、製品の中には成分が反応して良く無い結果になってしまうから危ないという書き込みもありました。

また、ネットの書き込みでは精油はエクストラオイルを使うのが良いそうです。

高いエクストラオイルは気軽に使えないので、私は安い精油でやってますが、それでも全然問題はないです。

ただ、安いと言ってもダイソー・セリアなどの100均のアロマオイルは肌につけない方が良いと思います。

肌の弱い方、ご心配な方はパッチテストをする事をしてくださいね。

パッチテストは一日付けるもの出ない物(シャンプーや洗顔料、石鹸など)は刺激が強いので精製水で10倍~100倍に薄める必要があります。

少しでも違和感や不調な場合はご使用をおやめください。

簡単で、すぐに試せますので私は良いと思います。

NAGOMI AROMA エッセンシャルオイル お試しセット6本はこちら

↑1000円で6本なので超お得です。【AEAJ認定精油】
全て精油100パーセントでアロマ初心者に最適♪

私は一目見て飛びついて買ってしまいました。

アロマオイルを楽しむ簡単な方法はこちらもご覧ください。