足や指、首や肩がつる原因と治し方!寝てる時になぜ?病気?痛みを取る方法は?

先日、母と話していた時、「昨日寝返りをうったら思い切りこむら返りになって・・痛くて寝れなかった・・」という話をしていました。

大体、足や手、肩などが攣る時は、運動中でも、寝ている時でも、無理な体制をしたり、いきなり動いた時などに攣りますよね?

母と私の場合は、

・母はふくらはぎ(こむら返り)と足の中指と人差し指。
(主に寝ている時が多い)

・私の場合は肩。
(隙間の奥に手をいれて取ろうとした時)

が良く攣るクセになっています。

何故か同じ場所が多いんですよね・・・。

私:「何か方法ないか調べてみるね~」

さっそく攣る原因と対処法を調べてみましたのシェアしますね。

そもそも「足・手・首が攣る原因」とは?

そもそも「足・手・首が攣る原因」とは?

足や指、首や肩ががつるそもそもの医学的なメカニズムは何でしょうか?

調べてみると、
「医学的なメカニズムは完全に分かっていないが、筋肉の問題や神経の反射異常」
と言われているそうです。

完全に解き明かされていないようです。あれ?意外・・・。

しかし、実際につってるのですから、何か明確な原因はあるのでは?

医学的につるメカニズムは完全に解き明かされていなくても、現象やきっかけ、原因は分かっています。

足や指、首や肩などがつる現象は、共通して

・筋肉が意図しないまま、収縮し、弛緩(しかん・ゆるむこと)しない状態
・激しい痛みを伴う

というのが攣る現象です。

そのきっかけ(原因)は、

・激しい運動をした時
・水泳中
・睡眠中(寝返りなど)
・普段しない動作をした時

が殆どです。

病気的なもので言うと、糖尿病関連、血行が悪くなる病気(脳梗塞系や血流の欠陥系)や妊娠中、高血圧、骨盤のゆるみなどで、つりやすい傾向にあるそうです。

確かに私の友達は先月5月に出産しましたが、たまにこむら返りになったと言っていました。

私の母は、病気ではありませんが毎日血圧を記録しています。
母に足がつった時は忙しくて血圧がいつもより高かったと言っていました。

6

偶然なのかもしれませんが、ひょっとすると血圧の高さが原因だったのかもしれません。

足や指、首や肩などがつる原因を調べていくと、原因は一つではなく、病気でない場合は「ミネラル不足」や「運動不足」、冷えなどの「血流不足」、に分けられるので、それぞれ対処方法が変わってきます。

ミネラル不足・水分不足による原因

よく言われているのが、電解質の異常により足がつると言われています。

電解質は身体の水分に含まれるミネラルの事で、ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、マグネシウムなどの栄養素の事です。

ミネラルは人間の身体では生成する事が出来ないので食事からとる必要があります。

基本は食事からとる事が出来ますが、食生活などの原因によっては、ミネラルのバランスが崩れてしまいます。

ミネラルバランスが崩れると、脱水症状や食塩の摂り過ぎでむくむなどの様々な症状が現れます。

例えば

・汗をかき過ぎるとナトリウム不足で脱水、下痢
・カルシウム不足で肩こり
・マグネシウム不足で痙攣や神経障害
・カリウム不足で脱力感

など症状は軽い物から重い物まで様々な症状が発生します。

ミネラルの補給は大切ですので、まずはバランスの良い食生活を心掛けましょう。

ミネラル不足による足や指、首や肩などがつる原因の多くは、特にカルシウムとマグネシウム不足を疑うと良いかもしれません。

ミネラル不足・水分不足の対策

ミネラル不足・水分不足による対策は、

・夏場は特にスポーツドリンクを飲んで水分補給
・酸っぱい系(クエン酸)を飲む
・カルシウム・マグネシウムサプリを飲む

ミネラルの中で攣ることに密接に関連しているのが、カルシウムマグネシウムになるので、それぞれ多く含む食品をいつもより多めにメニューに取り入れてみて下さい。

カルシウムを多く含む身近な食品

乳製品、大豆、魚の骨(骨ごと食べるシシャモとか)、干しえび、パセリ、ひじき、ゴマなど

マグネシウムを多く含む身近な食品

大豆、納豆、油揚げ、あおさ、のり、ひじき、アーモンドなどのナッツ類、ほうれんそうなど

運動不足や激しい運動、筋肉の疲労による血行不良の原因

運動不足が続き、いきなり運動したりすると、筋肉が固くなっている為に緊張を起こし、こむら返りになったり、足の指がつったりするそうです。

また、運動後の筋肉疲労によって、睡眠中に足がつる事例は良くあります。
年齢を重ねるにつれて筋肉が衰え、つりやすくなる様です。

年齢による筋肉の衰えは、衰えたから運動するという事はなかなか難しいですが・・・。

妊娠中による原因

私の友達もそうだったように、妊娠中にこむら返りなどを起こす理由は運動不足だそうです。

妊娠により、運動を控えた生活を送ることと、骨盤が広がる為、体重を支えている足の方まで影響を及ぼし、血行が悪くなり、つりやすくなるそうです。

運動不足の対処法は?

運動不足の対処方法は、

・ウォーキング
・ふくらはぎなどの攣る箇所のストレッチやマッサージ

などで筋肉を緩めてあげると改善する事が多いようです。

また、結構も良くなるので、予防に役立ってくれます。

冷えによる原因

睡眠中にあしがつる原因は足の血流が低下するために起こっていると考えられています。

特に年齢を重ねていくにつれて発生しやすい高血圧なども原因になるようです。

私の母は冷えも関係しているのかも。

今は6月ですが、最近昼間は30度近くあります。夜中は15度を下回る時もあります。

布団は薄手にしているので、こういった気温差も発生原因になっていると思われます。

冷えについての対処法

冷えについて攣る原因の場合は、レッグウォーマーなどでふくらはぎを温め、血流を改善してあげると効果的で、予防になるようです。

簡単なストレッチでも血の巡りが良くなるので冷え対策になります。

ただ、寒いからと言って、靴下を履いて寝るとかえって体温調節が上手くいかず、余計に冷え性になることが分かってきています。
特に足の裏で発汗して体温調整しているので、靴下はお勧めできません。

おわりに。攣ってしまったら

今日はこむら返りについて調べてみました。

一度つってしまうと、数分~数時間は痛くて動けませんよね。

つってしまった時は、

・足の場合は足の親指を自分の身体の方へ起こし、ふくらはぎの筋肉を緩める
・つま先を立ててしゃがむ(ふくらはぎの筋肉を伸ばす)
・ふくらはぎをやさしくさすって筋肉の緊張をほぐす。
・足の指の場合はすねの方へそらす。
・温水、蒸しタオルなどで温めると良い。

などで対処すると痛みも緩和します。

今回の調べた事を伝えました。

私:「ふくらはぎのマッサージやストレッチが良いって。」
私:「あと、血圧高かったのや冷えも原因らしい・・・」
母:「分かった。寝る前にストレッチとレッグウォーマー試してみる!」
私:「あんまりひどい時は、病気の可能性もあるから病院行った方が良いよ~」

他にもミネラル不足や運動不足についても伝えました。

まずはお金の掛らず出来る事を実践するのが一番ですから。

結局のところ、足や指、首や肩などがつる原因って生活習慣から発生してりするんですね。

こういったことを調べて実践していくと、健康的で規則正しい睡眠、食事、運動が美の秘訣でもあり、健康の秘訣でもあることがよくわかりますね。