これだけは知っておきたい!シミ予防などアンチエイジングに効果的な美白成分とは?

アンチエイジグにとって、しみ、シワ、たるみなど歳とともに気になってくるものです。

気になるからと言って、ただ何もしないのはやっぱり嫌ですよね?

良くCMなどで、

○○○の成分がシミに効く

などよく見かける光景ですが、美白や美肌に関しての○○○の成分ってそもそも何?
という方も多いと思います。

美白に効果的な成分をを知っておくと化粧品などを選ぶ時に、

あ~このことね!

ってなると思います。

今日はこれだけは知っておきたい、美白成分や効果をまとめていきますのでご参考にしてください。

有名な美白成分一覧

一般的に有名な美白成分は

・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・エラグ酸
・アルブチン
・コウジ酸
・リノール酸
・トラネキサム酸
・ルシノール
・カモミラET
・マグノリグナン
・4MSK

です。

厚生労働省に認可された成分で医薬部外品になります。
基本的に国が有効成分が効果があると認めたものなので、上記の美肌成分は安心な物という認識で大丈夫です。

美白に関する有効成分は今現在、全部で20種類以上あるようです。

基本はメラニンの生成を抑えたりターンオーバー促進したりとしみ・シワ・たるみなどに効果的な成分です。

それぞれ少し詳しくまとめてみますね。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)は、皮膚に浸透してから、体の中でビタミンCになるものです。

ニキビやニキビ跡、コラーゲン生成促進などに良いと言われていて臨床結果で効果が確認されているそうです。

ビタミンC誘導体はシミやシワ、たるみなどにも効果的です。

皮脂を抑える効果がある為、肌に塗った後は保湿すると良いです。

ただ、老化した肌が戻るというよりは予防で使用すると良いです。

化粧品は配合濃度も違ってくるので注意してみると良いと思います。

他にもサプリタイプや美容液なども販売されています。

プラセンタエキス

プラセンタは動物などの胎盤から作られたもので、アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロンサンなどが豊富に含まれています。

肌の血の流れを良くすることで、メラニン生成の抑制やターンオーバーの促進してくれる働きがあるので、シミやくすみなどの改善効果が期待できるものです。

サプリで飲んでも、肌に塗っても効果があると言われています。安全性も高いです。

先日フラコラのコラーゲン原液お試しを使いましたが、肌の調子は良くなったと思います。

エイジングケアにはプラセンタ、良いかもです。

エラグ酸

エラグ酸はイチゴやベリー系くるみ、ザクロなどに含まれている天然の抗酸化物質です。ポリフェノールの仲間です。

メラニンを黒くするチロシナーゼの活動を抑える事で色素沈着を抑える効果があると言われています。

ただ、こちらも肌の老化予防には役立ってくれるものの、既にあるシミを改善するほどの力はない様です。

飲むタイプだと、アサイー、ザクロジュースやサプリなどがあります。
さらには抗酸化作用でガンに良いかもと言われて来てますね。

食品でも摂れる為、結構身近ですね。

ローションなどにも良く配合されています。

アルブチン

アルブチンはハイドロキノンをベースに開発した成分で、メラニン生成の抑制、ターンオーバーの促進など、美白効果は非常に高いそうです。コケモモ由来です。

αアルブチンとβアルブチンがあり、αアルブチンの方が美白効果が高いです。
美容液やローション、クリームを見るとαアルブチン配合と書いてあるものが多いです。

こちらもシミになるメラニンを作らせない効果が期待できます。

コウジ酸

コウジ酸はその名の通り麹から抽出された成分です。

メラニンの生成を抑制してくれる効果があります。

麹化粧水を手作りしたり、酒粕パックをしたりというのもコウジ酸を肌に取り入れようとするための手段なんですね。
実際の効果の程はわかりませんが・・。

化粧品だとクリームやコウジ酸の粉末も売ってました。

手作りコスメでコウジ酸を投入する人も。低刺激で良いらしい。

リノール酸

リノール酸はベニバナ油(サフラワー油)やコーン油などに多く含まれているものです。

抜け毛やコレステロールを下げてくれる働きもあるようです。
ただ、油なので摂りすぎは禁物。

美白に関しては肌の保護や潤い、ハリなどに良いそうです。

シミになる酵素チロシナーゼの分解を促進、促進してくれる効果があるそうです。

ローズヒップオイルなどのオーガニックオイルにもリノール酸が含まれていますので、オイルでのスキンケアも有効だという事ですね。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑などのシミ改善によく使われる成分です。

メラニンの生成の抑制に働きかけてくれます。

抗炎症作用や止血効果があり、肌荒れの予防や、抜歯、のどの炎症を抑えたり、じんましんなどの治療にも使われるそうです。

基本的に副作用はほとんど無いそうですが、服用した場合、発疹や頭痛、生理が重くなったりすることがまれにあるそうです。

肝斑に効果が高いと言われています。

ルシノール

ルシノールもチロシナーゼの働きを抑制してくれるのでシミ・そばかすを防ぐ効果が期待できます。
ポーラ化粧品が開発した成分です。

ポーラのルシノール配合の化粧品ってちょっとお高いんですよね。

某有名サイトの口コミを見ると評価はまちまち。

ただ、ポーラから浮気しないほど「ほれ込んでいる人」も多数いる模様。

お金に余裕のある方は試すのはアリかと。

カモミラET

カモミラETは花王が作った成分です。

メラニンを作れという指令をブロックする働きがあるので色素沈着を予防する効果があります。

ソフィーナの種類です。

他の会社ではカモミールエキス、カミツレ花エキスと書いてあるものがあります。

マグノリグナン

マグノリグナンはカネボウが開発した成分です。

メラニンの生成を抑制してくれる効果があります。

副作用も殆どないそうですが、某有名サイトでの評価のほどは・・・。

カネボウと言えば数年前のロドデノール配合化粧品の白斑事件。
その後も未だ後遺症に苦しむ方もいる様子。

マグノリグナン自体は副作用はないそうですが・・・。

美白化粧品は併用していいの?

美白化粧品の効果を知る為には基本的に1つ1つ試した方が良いと思います。

人によってシミの具合や肌の調子は違いますので、効果も人それぞれなので、

何が効いて何が効かなかったのか?

が分からなくなってしまいますから。

自分に合った一本を見つけるまでは色々試す他ないと思います・・・。

また、メーカーを違うものにするよりは、同一メーカーで揃えた方がより効果的と言われていますし、ローションや美容液などの化粧品は上記の成分を幾つか配合したものも多くあるのでそういうのを使っても良いと思います。

そして化粧品は、口コミを重視して選ぶ方が良いです。

使用者が多ければ多いほど効果が期待できますから。

シミになる原因を考える

シミになる原因の大きなものは紫外線と生活習慣です。

普段から紫外線対策は必須ですので、対策はしっかり行う様にしましょう。

ただ、今の現状出来てしまったシミは仕方がない・・・。

カソーダでシミを取ってしまう方法も一つの手だと思います。

まとめ

今回は有名な美白成分を幾つかまとめてみました。

こうしてみると、

あ~なるほどねっ

と思って頂けたら・・・嬉しいです^^

基本的に大きなシミ改善というよりは、シミになる原因をブロックするという役割を持っているものが多いので、こういった美白化粧品を使いながら、肌のターンオーバーを待ちつつ、結果を見ると良いですよ。

最近の化粧品はシミだけでなく、肌のハリ・シワ・たるみにも有効な成分も一緒に入っていることもあるのでエイジングケアには是非取り入れたいですね。

このほかにも、美白に有効な成分はありますが、厚生労働省に認可された成分の方が安心なので、上記であげた成分配合の美容液や化粧品を使ってみると良いと思います。