カソーダの作り方と実践。通販で売り切れ続出で自分で作る!
ここの所スゴイ勢いで流行している「カソーダ」ですが、

結論からいうと短い期間でシミやホクロ、イボ、ニキビ、タコなどを取ってしまう優れものです。
値段安くシミ取り効果も高い物ですので我が家では重宝しています。
私が探しているときはネットショップだと売切れ続出で買う事が出来ませんでした・・・。
調べると自分で作る事が出来ることが分かり、実践しましたので共有しておきます。

んで、カソーダってなに???という方もおおいのでまずはその説明から。

カソーダってなに?

カソーダは重曹とひまし油を混ぜた商品です。
短い期間でシミやホクロ、イボ、ニキビ、タコなど
を取ってしまう優れもので価格がスゴイ安い商品です。

しかも安く自分で作ることが出来ちゃう♪

ネットで探してみると売っているお店がありました。
楽天では現在売切れ・・・

で、重曹とひまし油の口コミから一番良い所を発見!

重曹
4
500g

「生活の木」さんの重曹500gと大容量です。しかも送料が250円だったので一番安いとおもいます。
重曹はほかでもいろいろ使えるので買っておいても損はないです。
重曹はキメの細かさや用途によって粒子の大きさとかがちがったりするので「生活の木」さんの重曹は口コミもよくって実際使ってみて良かったです。

⇒今回使用した生活の木 HG 重曹 500gはこちら

ひまし油は 70mlと500mlがあります。
3

⇒今回使用した生活の木 カスター油 500mlはこちら

500mlも入っていますがひまし油は他で実践しているオイルクレンジングなどでも色々使えるので私は買っておいても損はないと思います。
こちらも「生活の木」さんで売っていました。リーズナブルなお値段でで匂いも無くってとっても品質が良いです♪

いざ、カソーダを作ります!

用意するもの・・・ひまし油、重曹、竹ぐし、保存するためのフタの付いた瓶(岩海苔の瓶とか便利)

これをひまし油を1とすると重曹を2くらい入れて竹ぐしで混ぜます。

そして混ぜます・・・・

水あめ程度になるのでそれでOKです!
シミ・ホクロ・イボなどに盛る様に塗って放置するのであまり柔らかいと垂れてきますので、
ひまし油1:重曹2くらいがちょうどよいです。

作った時の画像がこちら
5
1.ひまし油1:重曹2くらいいれてかき混ぜる。

6
2.はい、完成!簡単でしょ?

次の日から使う時は毎度混ぜてから使いましょう。

カソーダの塗り方!

ホクロやシミの上に竹串でチョンと盛る
11

こんな感じ
12

顔につけて寝る時は、そのままなので枕にバスタオルなどを巻いて汚れてもいいようにしておくと便利ですよ♪

実際にカソーダを塗っていて気が付いたこととデメリット

あまり塗り過ぎずにチョン盛る感じが良いです。

身体とかは絆創膏を付けて取れないようにするのも良いです。気が付いたら絆創膏にオイルを吸い取られて重曹のみになってたりしますが汚れない為にも良いかもしれません。

顔は家にいる時に付けてそのまま過ごしてください。夫は顔に50か所位一気につけてやってますので沢山付けていると見た目が怪しいですが(笑)

その辺はシミやホクロ、イボなどを除去するためには必須ということで我慢しましょう!

3日目位からホクロやシミ、イボが黒くなって来て赤みも出ます

最初はカソーダを付け始めた日は何ともありません。

「ホントにホクロに効果あるの?」

って思います。多分。肌の弱い方は初日からピリピリするかもしれません。

私や夫は全く最初は反応なしでした。痛くもかゆくもありません。

が、3日めくらいになってくるとだんだんシミやホクロ、イボが茶色く変色してきます。
カソーダを付けている場所の肌がツンと張って乾燥してきた感じになって来ます。
場所によっては柔らかくもなってきます。

そのあたりから肌が大丈夫でひりひりが少ない人は竹串で
「スクラッチ」
します。
スクラッチとは竹串の先でホクロやイボを軽くカリカリこすって(軽くですよ)からカソーダを盛ると進行が加速します。

スクラッチをやり過ぎると少しひりひりしますので、時間をかけてやりたい方は当分の間はしない方が良いと思います。

夫はさっさとやりたいらしくスクラッチしてやってますが、顔につけたままお酒を飲んでねたりすると、朝起きた時にホクロやシミ、イボの周り3mm位に結構赤みとかゆみがでました。

13
周りも結構赤いのですが、対象物も結構黒くなってきてるので目立ちます。個人差があると思います。

患部が赤みが出て痛みがヒドイ時は使用をやめてケアして下さい。

朝起きて「ひぃ~」てならないためにも、過度のスクラッチやつけすぎは禁物です。

会社に行くとみんなに「どうしたの?その顔」って言われます(笑)

治るまではマスクをして患部を隠した方が良いですね♪
水ぼうそうと間違われない様に(笑)

5日目位からホクロやシミ、イボがかさぶたや、少しずつ剥がれてきます

洗顔をしてさぁ今日もカソーダ塗るぞって鏡を見ると・・・。
「あれ?なんかここに合ったシミがない?」

と少しずつ小さいのから無くなってきます。
薄皮が剥がれた状態ですね。なので肌が弱く突っ張っている状態なので、
完全に肌が再生してキレイな状態になるまではきちんと日焼けしない様にマスク等をしてケアして下さいね。

カソーダの作り方のまとめ

・ひまし油:1、、重曹:2を瓶に入れて竹串でぐるぐる混ぜると数分で完成
・使う時は毎度混ぜてから使う
・カソーダを盛る時は盛り過ぎないようにチョンとのせる
・絆創膏でカバーすると汚れにくい(顔は出来ませんけど)
・3日目くらいからシミやホクロ、イボなどが茶色く黒ずんでくる
・スクラッチはホントに軽くカリカリこするだけで良い
・夜寝る時には枕にバスタオルを巻いておくと汚れても良いから便利
・5日目くらいから赤みが出る場合があります。ヒドイ場合は使用を中止して回復を待った方が良い

です。
いかがでしたでしょうか?
使い方をしっかり学んで
「あれ?なんかここに合ったシミがない?」
って状態を目指しましょう♪

私が使っている重曹・ひまし油は、生活の木さんが良かったですよ♪

⇒今回使用した生活の木 HG 重曹 500gはこちら

⇒今回使用した生活の木 カスター油 500mlはこちら

追記:ホクロ除去するならこのクリームが良いです

ほくろ除去クリームでホクロが安く取れた!自分で出来るアイテムとは?

こちらで詳しく使い方がわかりますので是非見て下さい。