【肌を綺麗にする食べ物】肌トラブル悩み別まとめ

歳を重ねていくと、必然的にエイジングケアしていくと思いますが、突き詰めていくと、やはり毎日の食事がとても大切という結論に向かっていきます。

バランスよく食べる事は一番の肌修復につながりますから。

今回は肌に関してのトラブルで、しわ、たるみ、くすみ、シミ、乾燥肌、毛穴トラブル、目のクマ、ニキビ(吹き出物)の改善に必要なビタミンなどの成分や、是非積極的に取りたい食品をまとめていきます。

スーパーに売っている身近な食材なので、気軽に普段の食事に意識して、是非取り入れて行ってください。

毎日食べるものだから肌に良い物を

人間は食事で作られるわけですから、肌にいい物を取っていきたいですよね。

油、肉、砂糖・・・。

美味しいものは沢山ありますが、知識としては肌に良い食べ物は是非知っておくと良いと思います。

偏りがちな食生活は数か月後、数年後に身体の老化を促進してしまいます。

肌がトラブルになったからと言って、美白化粧品や美容液を使って表面上から肌改善を狙う前に、根本になる肌の老化を防ぐような良い食生活環境を作っておく事がとても大切です。

悩み:シワ・たるみに効果的な食べ物

悩み:シワ・たるみに効果的な食べ物

しわ・たるみに良いと言われている栄養素は、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEが良いと言われています。

■ビタミンA(βカロテン)
レバー、ウナギ、モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草、とまと、ピーマン、明日葉、かぼちゃ、春菊、小松菜、柑橘系、スイカ、のりなど

ビタミンA(βカロテン)を多く含む食べ物へ

■ビタミンC
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など
ビタミンCを多く含む食べ物へ
■ビタミンE
ナッツ系、植物油、魚卵系、うなぎ、はまち、モロヘイヤ、アボカド、しそなど
ビタミンEを多く含む食べ物へ

悩み:くすみに効果的な食べ物

悩み:くすみに効果的な食べ物

くすみに良いと言われている栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、鉄(ヘム鉄)が良いと言われています。

■ビタミンC
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など
ビタミンCを多く含む食べ物へ
■ビタミンE
ナッツ系、植物油、魚卵系、うなぎ、はまち、モロヘイヤ、アボカド、しそなど
ビタミンEを多く含む食べ物へ
■鉄(ヘム鉄)
レバー、しじみ、あさり、マグロ、かつお、アユ、煮干し、干しえび、ひじき、青のり、大豆、納豆、小松菜、菜の花など
鉄(ヘム鉄)を多く含む食べ物へ

悩み:シミに効果的な食べ物

悩み:シミに効果的な食べ物div>

シミに良いと言われている栄養素は、ビタミンC、ポリフェノールが良いと言われています。

■ビタミンC
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など
ビタミンCを多く含む食べ物へ
■ポリフェノール
赤ワイン、ブルーベリー、イチゴ、大豆、緑茶、生姜、チョコレートなど
ポリフェノールを多く含む食べ物へ

悩み:乾燥肌に効果的な食べ物

悩み:乾燥肌に効果的な食べ物

乾燥肌に良いと言われている栄養素は、ビタミンA(βカロテン)、鉄(ヘム鉄)が良いと言われています。

■ビタミンA(βカロテン)
レバー、ウナギ、モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草、とまと、ピーマン、明日葉、かぼちゃ、春菊、小松菜、柑橘系、スイカ、のりなど
ビタミンA(βカロテン)を多く含む食べ物へ
■鉄(ヘム鉄)
レバー、しじみ、あさり、マグロ、かつお、アユ、煮干し、干しえび、ひじき、青のり、大豆、納豆、小松菜、菜の花など
鉄(ヘム鉄)を多く含む食べ物へ

悩み:毛穴トラブルに効果的な食べ物

悩み:毛穴トラブルに効果的な食べ物

毛穴トラブルに良いと言われている栄養素は、ビタミンB2、ビタミンB6が良いと言われています。

■ビタミンB2
レバー、いわし、アユ、うなぎ、たらこなどの魚卵系、卵、納豆、モロヘイヤ、マイタケ、しめじ、アボカド、乳製品など
ビタミンB2を多く含む食べ物へ
■ビタミンB6
まぐろ、かつお、秋刀魚、鶏肉ささみ、さつまいも、赤ピーマン、柿、バナナ、にんにくなど
ビタミンB6を多く含む食べ物へ

悩み:目のクマ(青クマ)に効果的な食べ物

悩み:目のクマ(青クマ)に効果的な食べ物

目のクマ(青クマ)に良いと言われている栄養素は、ビタミンE、DHAが良いと言われています。

■ビタミンE
ナッツ系、植物油、魚卵系、うなぎ、はまち、モロヘイヤ、アボカド、しそなど
ビタミンEを多く含む食べ物へ
■DHA
まぐろ、ブリ、サバ、サーモン、サンマ、スルメイカ、アジ、いくらなど
DHAを多く含む食べ物へ

悩み:目のクマ(茶クマ)に効果的な食べ物

悩み:目のクマ(茶クマ)に効果的な食べ物
目のクマ(茶クマ)に良いと言われている栄養素は、ビタミンCが良いと言われています。

■ビタミンC
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など

ビタミンCを多く含む食べ物へ

悩み:ニキビ(吹き出物)に効果的な食べ物

悩み:ニキビ(吹き出物)に効果的な食べ物

ニキビ(吹き出物)に良いと言われている栄養素は、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、食物繊維が良いと言われています。

■ビタミンC
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など
ビタミンCを多く含む食べ物へ
■ビタミンB2
レバー、いわし、アユ、うなぎ、たらこなどの魚卵系、卵、納豆、モロヘイヤ、マイタケ、しめじ、アボカド、乳製品など
ビタミンB2を多く含む食べ物へ
■ビタミンB6
まぐろ、かつお、秋刀魚、鶏肉ささみ、さつまいも、赤ピーマン、柿、バナナ、にんにくなど
ビタミンB6を多く含む食べ物へ
■食物繊維
・不溶性食物繊維
大豆、ごぼう、切り干し大根、ブロッコリー、さつまいも、トウモロコシ
・水溶性食物繊維
こんにゃく、ひじき、わかめ、キウイ、りんご、バナナ、しいたけ
など
食物繊維を多く含む食べ物へ

成分:ビタミンA(βカロテン)を多く含む食べ物

レバー、ウナギ、モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草、とまと、ピーマン、明日葉、かぼちゃ、春菊、小松菜、柑橘系、スイカ、のりなど

βカロテンは肌のターンオーバーを促進してくれる効果があるとされています。

食べる時は油との相性が良く、油を使った料理にすると吸収が良いといわれています。
オイルを使ったドレッシングでも良いそう。

赤色の緑黄色野菜に多く含まれています。

・レバー炒め
・ほうれん草の胡麻和え
・トマトソースのパスタ
・カボチャの煮物

など色々なレシピが出来そうですよね。

成分:ビタミンCを多く含む食べ物

パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など

野菜はカットして時間が経つと水溶性なのでビタミンCは流出してしまいやすいです。

油で炒めたり、スープにして汁ごと食べれば大丈夫です。
タバコやお酒はビタミンCを破壊する働きがあるのでちょっと多めに取りましょう。

ビタミンCは肌のコラーゲンを生成する時に手助けしてくれる成分で、メラニンを抑える役割をもっています。

肌にとっては必要不可欠な成分ですよね。

・ブロッコリーやパプリカを使ったサラダ
・ゴーヤの炒め物
・レンコンのきんぴら

など身体に良さそうです。

成分:ビタミンEを多く含む食べ物

ナッツ系、植物油、魚卵系、うなぎ、はまち、モロヘイヤ、アボカド、しそなど

活性酸素を除去してくれる働きがあるので、抗酸化作用で肌の老化を防ぐ役割があると言われています。

また、血行を促進して肌の代謝を促進してくれます。

油と合わせると吸収率が高まるそうなので、油を使った料理にすると吸収が良いそうですよ。

ナッツの中でもアーモンドはビタミンEが豊富なので、おやつに少し食べるのもお勧めです。
植物油はひまわり油が含有率が高いので、炒め物の油としてもよさそうです。

成分:鉄分(ヘム鉄)を多く含む食べ物

レバー、しじみ、あさり、マグロ、かつお、アユ、煮干し、干しえび、ひじき、青のり、大豆、納豆、小松菜、菜の花など

鉄分(ヘム鉄)は髪や肌に酸素を運ぶために必要な成分です、たんぱく質やビタミンCと一緒に食べると吸収率が良くなると言われています。

生理中は特に積極的に摂りたいですよね。

・レバー炒め
・あさりの味噌汁
・アユの塩焼き

などこちらも身近な食材が多いですよね。納豆も積極的に食べたい所です。

成分:ポリフェノールを多く含む食べ物

赤ワイン、ブルーベリー、イチゴ、大豆、緑茶、生姜、チョコレートなど

ポリフェノールは活性酸素を除去して、抗酸化作用で肌の老化を予防してくれると言われています。

また、ポリフェノールにも幾つかの種類があり、それぞれ効果が違ってきますのでどれか一つの食品ではなく、バランスよく摂取すると良いです。

赤ワインが好きな方は良いですが、大豆や生姜などにもポリフェノールは含まれていますので、積極的に摂りましょう。

チョコレートはカロリーオーバーに気を付けて下さいね。

成分:DHAを多く含む食べ物

まぐろ、ブリ、サバ、サーモン、サンマ、スルメイカ、アジ、いくらなど

DHA(ドコサヘキサエン酸)は主に青魚などの油に入っている成分で、血液をサラサラ効果と結構改善効果があります。

DHAは生で摂るのが一番良い様です。

調理する時は、DHAは油に含まれているので、煮物やフライパンで焼くなど、魚から出た油まで食べるような調理方法が良いです。

また、亜麻仁油(あまにゆ)や、えごま油、しそ油、菜種油などのα-リノレン酸の一部が体内でDHAに代わるそうなので、青魚が嫌いな方は代用にもなるそうです。

さしみは毎日食べるには値段が高いかもですが、安さで言ったらサバ缶は手軽で美味しいし、サンマも安い時は安いので気軽に摂ることが出来ますね。

成分:食物繊維を多く含む食べ物

・不溶性食物繊維
大豆、ごぼう、切り干し大根、ブロッコリー、さつまいも、トウモロコシ
・水溶性食物繊維
こんにゃく、ひじき、わかめ、キウイ、りんご、バナナ、しいたけ
など

食物繊維は、言わずと知れた便秘改善にとても良いですよね。

身体から余分なものを排出して、腸内の環境を整える事は、お肌にとって、とても大切なことです。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があるのでどちらか片方だけを取っているとかえって便秘になったりしますので、バランスよく摂っていくようにして下さいね。

この食材も身近で普段から食べているものですよね。
他の栄養素の食材と合わせて積極的に摂りましょう。

成分:ビタミンB2を多く含む食べ物

レバー、いわし、アユ、うなぎ、たらこなどの魚卵系、卵、納豆、モロヘイヤ、マイタケ、しめじ、アボカド、乳製品など

ビタミンB2は、たんぱく質や、脂質、糖質の代謝をサポートしてくれます。

また、皮膚炎などの皮膚や粘膜のトラブルを改善してくれる働きがあります。

健康な肌を作ってくれる役割があるのでにきびや毛穴のトラブルに効果的な成分です。

成分:ビタミンB6を多く含む食べ物

まぐろ、かつお、秋刀魚、鶏肉ささみ、さつまいも、赤ピーマン、柿、バナナ、にんにくなど

ビタミンB6は、たんぱく質や、脂質の代謝をサポートしてくれます。

また、皮膚炎などの皮膚トラブル肌の代謝を促してくれるので肌のうるおいにも一役買ってくれる働きがあります。

健康な肌を作ってくれる役割があるのでにきびや毛穴のトラブルに効果的な成分です。

鶏ささみやバナナも手軽に手に入る家計に優しい食材ですね。

最後に

今回は肌トラブルに効果的な身近な食材をまとめてみました。

こうしてみると普段食べているものって意外に多い事に気が付くと思います。

こういった食材を普段使いでローテーションしながらバランスよく食べて行けばサプリに頼らなくても必要な栄養は殆ど摂る事が出来ると思います。

私もそうでしたが、特に若い頃の一人暮らしは好きな物ばかり食べてしまうと思います。
今日まとめた食材は、スーパーや最近はコンビニでもおいてあることが多いです。

忙しいと即席のカップ麺やコンビニ弁当で済ませてしまう事もあると思いますが、肌の為を思うなら、少し気にしてみると肌改善に役立ってくれると思います。

また、肌トラブルは化粧品の影響や、睡眠不足など、他の要因ももちろんあります。

ただ、肌を修復する源はやっぱり食事です。

出来ればサプリは摂らず、食べ物でカバーできるといいですよね?

是非季節ごとにスーパーに並んでいる旬の野菜を積極的に摂りながら、肌改善生活をおくることが出来たら素敵ですよね。