1

活性酸素で肌がサビてしまう?今イチピンとこない言葉ですよね?

そもそも肌サビってなに?
肌がサビるとどうなるの?

私もテレビや美容系の本を読んだり、アンチエイジングの事を知っていく中で、初めて肌サビや抗酸化というキーワードが重要だという事を知りました。

それがくすみ、しみ、しわ、たるみなどに影響があるなんて・・・。

今日はアンチエイジングにとってぜひ知っておきたい、「肌サビ・抗酸化・免疫力アップ」についてまとめていきますので是非ご参考にしてみて下さい。

肌がサビるという事はどういう事?

肌がサビるという事はどういう事?

もともと「肌がサビる」ということは、肌が酸化してサビてしまう事を言います。
鉄が錆びていくのと同じ感じで、肌が劣化していくイメージです。

肌が酸化すると、シミやシワ、たるみを引き起こします。

えっ?劣化?しみ?シワ?なぜ?

肌が酸化する仕組みは、体の中の「活性酸素」が原因で、呼吸、食事、ストレス、過度な運動など、体内で毎日生きているだけでも作られています。

活性酸素は肌の細胞を傷つけてしまい、メラニン生成が異常になったり、コラーゲンが上手く作れなくなってシミ、シワやたるみを引き起こすんです。

若い時は活性酸素を無かったことにできるのですが、30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに無かったことにできなくなってくる為に、肌の劣化が始まります。

しかし、当然、目には見えないんですよね・・・

目には見えないですが、肌の「シミ・しわ・たるみ」、身体全体にとっては「老化」という最悪の結果で目で見る事が出来ます。

「嫌だ!” 劣化したくない ”!」

女性なら誰でもこの見えない敵と戦う事になります。

この敵と戦う事を「抗酸化」と巷では言っているワケです。

活性酸素と戦う方法は、

・功酸化力の高い食べ物を積極的に摂る
・紫外線を浴びないようにする
・十分な睡眠を取る
・ストレスを貯めないようにする
・食品添加物を控える
・過度の飲酒を控える
・喫煙を控える
・過度の運動でも活性酸素が増える

などの方法で見えない敵と戦う事になります。

活性酸素と免疫力

活性酸素と免疫力

活性酸素が増えると、身体の中で免疫力も低下します。

肌サビだけでなく、身体も錆びる事になるという事ですね。

なので活性酸素は、

身体が酸化 ⇒ 免疫力低下 ⇒ 病気 ⇒ 癌(ガン)

という最悪の結果に向かう要因の一つと言われています。

この活性酸素を効率よく除去してくれる!といって流行ったのが、

「水素水」

という魔法の水です(笑)

上の記事を読んで頂くと分かると思いますが、そんなに簡単に上手くはいきませんよね・・・。

基本は体の免疫力を高める事になるので、こういった物に頼らず食べ物や生活態度で改善していくことが必要です。

では、気になる食べ物や生活習慣を改善する対策方法をまとめていきますね。

活性酸素を抑える抗酸化力の高い食べ物は?

活性酸素を抑える抗酸化力の高い食べ物は?

活性酸素を抑える抗酸化力の高い食べ物は、
ビタミンC

パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レンコン、赤ピーマン、ゴーヤ、パセリ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、緑茶など

ビタミンE

ナッツ系、植物油、魚卵系、うなぎ、はまち、モロヘイヤ、アボカド、しそなど

βカロテン

モロヘイヤ、かぼちゃ、人参、明日葉、春菊、大根の葉、ほうれん草、小松菜など

フィトケミカル

ポリフェノール:赤ワイン、緑茶、ブルーベリー、大豆、ショウガなど
イオウ化合物:にんにく、ネギ類、大根、キャベツ、など
アスタキサンチン:さけ、えび、かに、など

と言われています。

こういった野菜などを1日3食バランスよく食べる事が基本です。

それぞれの食材を積極的に取り入れていきましょう。

参考:悩み別の肌をきれいにする食べ物です。
【肌を綺麗にする食べ物】肌トラブル悩み別まとめ

紫外線対策は念入りに

活性酸素と紫外線対策

紫外線を浴びると活性酸素も大量に発生してしまいます。

活性酸素が身体で処理しきれなくなると、メラノサイトを刺激して、メラニンを発生させたり、コラーゲンを変性させてしまいます。

結果、しみ、シワ、たるみになってしまうわけです。

やっぱり紫外線はいつでも女性の大敵です。
少しでも浴びないように予防対策をしましょう。

免疫力を高めるには十分な睡眠が必須

免疫力を高めるには十分な睡眠が必須

活性酸素を減らす為には十分な睡眠が必要と言われています。
出来れば1日7時間は睡眠をとる様にしたいですよね。

質の良い睡眠は結果的に免疫力を高めてくれます。

睡眠不足解消に努めたいですよね。

参考:睡眠不足はツボ押しで解消♪
安眠のツボ10選!睡眠不足解消に効果大!?(図解入り)

ストレスに強くなる事が大切

ストレスに強くなる事が大切

慢性的なストレスは活性酸素を増やすと言われています。

ストレスに耐える体を作るには、バランスの良い食事や、適度な運動、規則正しい生活習慣、十分な睡眠が必要です。

好きな音楽を聴いたり、アロマ、笑顔、深呼吸、寝る前にぼーっとする、などでもストレスは減ると言われているので、自分に合ったストレス解消方法を見つけたいですよね。

私個人的にはペットの猫と戯れるのがとってもストレス解消になります^^
肉球をひたすらさわる・・・とか♪

心が落ち着けばなんでもよいと思います。

食品添加物を控える

食品添加物を控える

インスタント、加工食品、冷凍食品などに含まれる化学調味料、保存料、防腐剤は、活性酸素が増加するそうです。

便利なので私も使ってしまいますが、出来るだけ控えるのが得策です。

最近のコンビニでも安全な物が多くなってきたようですが、やっぱりインスタント、スナック菓子などは出来るだけ気を付けたいですよね。

過度の飲酒を控える

過度の飲酒を控える

過度の飲酒は肝臓に負担をかける事になるので、結果的に抗酸化力が低下するそうです。

ストレス ⇒ 飲みすぎ ⇒ 悪循環

です。暴飲だけでなく、暴食も控えるようにしたいですよね。

やっぱり喫煙は活性酸素を増やしてしまう

やっぱり喫煙は活性酸素を増やしてしまう

言わずと知れていますが、美容と喫煙の関係でいつでもタバコは良いことは一つもありません。活性酸素を沢山作ってしまいます。

出来るだけやめるように、したいですよね。

適度な運動は免疫力を高めてくれる

適度な運動は免疫力を高めてくれる

過度な運動(無酸素運動)は活性酸素を増やしてしまいますが、適度な運動(有酸素運動)は逆に活性酸素に対する耐性を高めてくれるそうです。

ジョギング、ウォーキング、エアバイク、ストレッチ、など丁度良い運動を長く継続できる運動が免疫力を高めてくれるので、是非取り入れたいですよね。

よく言われているのが50%の力で運動する事と言われていますが、個人差があるのであくまで感覚的な話です・・・。

最後に。

アンチエイジングについて、「肌サビ・抗酸化・免疫力アップ」というキーワードはとても重要です。

活性酸素を減らすにはいろいろな方法があります。

是非、上記で紹介した項目を気にしながら、美肌生活に取り入れて行ってくださいね。

私ももちろん、全て出来ているとは思っていませんが、普段のちょっとした行動で後に大きく改善されると思えば努力もしやすいと思ってます。

知らないと知るのとではまた、大きく違いますしね♪

追記:もう一つの肌の天敵【糖化】

酸化とは別に、もう一つ「糖化」という肌にとって恐いキーワードもありますが、こちらは主に糖分過多による、くすみ、しわ、たるみの原因の一つです。

こちらの生地もご参考にどうぞ。