簡単!唇パックのやり方色々。荒れケアにはスクラブ、ハチミツ&ワセリンなどのラップ保湿が効果大!

唇ってとてもデリケートですよね。

リップを細目に塗って丁寧にケアしていても、唇が乾燥してカサカサ・・・。

夏でも唇の荒れが治らない方や、冬は皮がめくれる・パックリ割れてしまうなどの症状で血が出て来たりして痛い・・・。

そういった経験は誰でもあると思います。

あの唇のガサガサする原因ってそもそもなに?簡単にケアできる方法ないの?

そんな時に試したい、自宅にある食材で簡単にくちびるを集中ケアできる「唇パック」をしている方が多くいましたので、私も試してみました。

その材料は砂糖とオリーブオイルやココナッツオイル、ハチミツだけです。
ワセリンでも大丈夫。

身近な材料でケアできますので、唇が荒れる時にすぐに試すことが出来ます。

唇をぷるぷるにする方法は角質ケアと潤い保湿ケア

巷で流行っている唇をうるうるにする方法は、

「角質ケアと保湿パック」

の2つ分かれます。

1つ目の【角質ケア】は唇ががさがさになったり、くすんできた時に角質をスクラブで優しく落とす方法です。
2つ目の【保湿パック】は唇をラップで保湿してプルプルにする方法です。

唇の角質ケア!シュガースクラブの材料(食材)と方法

唇の角質ケア!シュガースクラブの材料(食材)と方法

まずは角質ケアをする為、スクラブの材料と方法から。

週1くらいの頻度で良いと思います。
基本は下記の通りです。

・オリーブオイル × 砂糖のシュガースクラブ(比率1:1)
・オリーブオイル × ハチミツ × 砂糖のシュガースクラブ

・ココナッツオイル × 砂糖のシュガースクラブ
・ココナッツオイル × ハチミツ × 砂糖のシュガースクラブ

・ワセリン × 砂糖のシュガースクラブ
・ワセリン × ハチミツ × 砂糖のシュガースクラブ

(1回分の分量は【油分小さじ0.2:砂糖小さじ0.2】程度。くちびる分なのでほんのちょっとです)

基本は砂糖を使ったスクラブで材料を混ぜるだけです。
油分が1砂糖が1になる程度に分量を混ぜます。

混ぜなくても先にオイルを塗ってから砂糖を唇にのせて優しくマッサージしても大丈夫です。

スクラブの方法とお勧めは?

ココナッツオイルがある場合はココナッツオイルの香りが良くて、スクラブが気持ち良いです。

オリーブオイルでも全然問題ありません。

スクラブしていると口にちょっと入るので甘くておいしかったりします。

ハチミツがあればプラスすると保湿力アップ効果が狙えます。

スクラブの方法は、適量を取って口に塗り優しく、人差し指か中指でくるくるなじませていくだけです。
1、2分で優しくふき取ってください。

唇がガサガサでひどい場合は、最初に蒸しタオルとかを使用して、唇を柔らかくするのも良いと思います。

唇の皮膚は薄いので力はいりませんよ。

※特に子供の方はハチミツのアレルギーがある場合があるようなので控えた方が良いと思います。

唇の集中保湿ケア!唇パックの材料(食材)と方法

唇の集中保湿ケア!唇パックの材料(食材)と方法

スクラブで角質を落としたら、今度はしっかり保湿をします。

基本は下記の通りです。

・ハチミツを唇に塗り、ラップでフタをする
・ココナッツオイルを唇に塗り、ラップでフタをする
・ワセリンを唇に塗り、ラップでフタをする
・複数の材料を唇に塗ってラップでフタをする
・ヨーグルトを混ぜる方もいる

などの方法があります。

私のお勧めははちみつ・ココナッツオイル・ワセリンの重ね塗りです。

ラップは、2つ折り位にしてからくちびるの大きさ位に切ると切りやすいです。
また、真ん中に空気穴をあけておくと鼻呼吸が辛い方は少し楽かも。

唇のスクラブと一緒でココナッツの匂いとはちみつの甘さで口に入っても美味しいので嫌さがありません。

唇パックで保湿する時間

唇パックで保湿する時間は5分位からで良いと思います。
20分位する人もいる様です。

パックが終わったら濡れティッシュやコットンを湿らせて優しくふき取ってください。

1っ回やってみると時間はこれくらいかなって言うのが分かると思います。

ワセリンは食べても大丈夫なのか?

ワセリン(白色ワセリン)はイメージ的に傷に塗ったり、保湿に使ったりと皮膚をカバーするために使うイメージですよね?

石油からできているので食べたらいけない気がしますが、少々口に入ったといっても問題ない安全な物です。赤ちゃんでも大丈夫です。

唇パックが終わった後は保湿

唇パックが終わった後はいつものリップなどでいつもの保湿をして下さい。

唇の手触りもつるん、うるうるとして気持ちいいです。

次の日の朝の方が効果を感じやすいかもです。

参考動画

こちらはリップスクラブ
砂糖+オリーブオイル+はちみつ+シナモン

作り置きする時は良いかも。分かりやすいですね。

こちらははちみつリップパック

こんな感じですると良いですよね。
10分~20分とありますが、鼻呼吸が得意なら長めにしても良いと思います。

捕捉:唇の荒れの原因!?病気かも?

唇が乾燥したり荒れる原因としては、乾燥、食事、唇を舐めるクセなどの他に化粧品もあります。

落ちないタイプの口紅やグロスを頻繁に使う方は、唇が荒れる場合もあるようなので、リップを塗ってから敏感肌用の口紅を塗るなど、唇の荒れが治るまでは、少し変えた方が良いかもしれません。

通常、唇のケアをちゃんとすると数日~2週間くらいまでで復活する事が多いと思います。

ケアをしてても唇のあれがひどくて改善しない場合は、内面的な病気の可能性もありますので医師の診断をお勧めします。

捕捉:唇パックは黒ずみ対策に乳首にも使えるの?

ハチミツパックやワセリンパックなどは保湿力が高いので、乳首にパックするという方法もありました。

こちらもヨーグルトを混ぜたりする方も。

黒ずみの原因は乾燥やブラジャーの擦れなどによって起きるものと、加齢や遺伝などの他の原因もあります。

乾燥、擦れなどの外部要因でのくすみはスクラブやピーリングで対策すると改善する方もいる様です。
ただ、スクラブは擦り過ぎは刺激になるので厳禁です。

スクラブやピーリングを試す場合は、他の肌と同じ「ゆるい刺激・短いビーリング時間」で週1回くらいで行う様にしましょう。

叶姉妹のブログではバストトップにハチミツとヨーグルト、少しの小麦をまぜてパックにして乳首を中心にパックしている記事を見ました。

あそこまでの立派なものをお持ちならお手入れのしがいがありますね。あふっ・・・。

最後に。

唇が荒れて皮がめくれそうになると、ついついめくってしまいがちですが、さらに悪化させてしまいますので、皮はめくらないようにしましょう。

唇パックは即効性もありますし、すぐに試す事が出来ます。

いつものリップだけではカサカサが治らない時には、是非試してみて下さいね。

ただ、人によって合わない方もいると思いますので、不安な方はパッチテストをしてみると良いと思います。