手作り化粧水の作り方。安くて効果あり!グリセリン&尿素&アロマオイルなど試してみました

化粧水って普段何を使っていますか?1本500円位?もしくは2000円位?それよりももっと高い?

女性にとって化粧水は100%と言っても良いくらいの無くてはならない必須品ですよね。
普通に男性でも化粧水って普通に使っていると思います。

化粧水の値段や効果もピンキリで、

・普段使っていても今イチ肌に合わないし・・・

・もっと全身に使いたいけど節約クセが・・・

という方には「手作りの化粧水」が安く大量に作れてしかも身体に優しくて安全です。

手作り化粧水のメリットは安く作れて身体に優しい事です。

デメリットは防腐剤を入れませんので冷蔵庫保管(100ml作って2週間ほどを目安)がデメリットです・・・。

アトピーの肌の弱い方でも使えますので是非お試ししてみて下さい。

ということで早速実践してみました。↓↓↓

手作りで作る化粧水の作り方【精製水+グリセリン】

手作りで作る化粧水の作り方【精製水+グリセリン】

今回手作りで作りますが、化粧水のベースとなる材料は、

・精製水・・・・100ml
・グリセリン・・・5ml(小さじ1)

です。
水100mlに対してグリセリン小さじ1程(5ml)を入れます。

容器はスプレータイプが使い勝手が良いです。
容器は使いまわすなら煮沸消毒できるガラス製が良いですが、今は100均にプラスチック製ですが沢山いいのがありますので今回はこちらを使用しました。

100均のプラスチック製スプレー。容器の色は、遮光性をカットする茶か青などが良いと思います

容器の色は、遮光性をカットする茶か青などが良いと思います。
透明の方が異常とかの色が分かりやすいですが日光を避けるためにも遮光性がある色付きが良いと思います。

といっても乳白色や透明でも通常室内で使って冷蔵庫保存するのでよほど大丈夫でしょうけど・・。

作った時に化粧水容器に消費期限(使用期限)を書いて付けておくと良いかもしれませんね。

手作り化粧水の消費期限(使用期限)って?

手作りで作った化粧水の使用期限は防腐剤を入れていないので、

「2週間までに使い切る」

様にしましょう。

そして「冷蔵保管が必須」です。

常温保管は止めましょう。
使おうとしたらカビが生えていたり、つけたら肌荒れしてしまった・・・。
なんてことになったら意味ないですから。

使用期限前でもおかしいと感じたら、コストも安いので処分して新たに作りましょう。

防腐剤は無水エタノールとか消毒用エタノールというアルコールが入っています。
エタノール入りの化粧水を普段使いしていると乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性があると言われているようです。

もちろん個人差がありますので何とも言えませんが、せっかく手作りなので余分なものは一切無しで行きたいですね。

ネットの情報をみていると化粧水はもともと肌に浸透せずにエタノールなどのアルコールが入っていると肌の角質を溶かして穴を上げてほんの少し美容成分が浸透する・・・。
そしてアルコールは早く蒸発しやすくて、それを「肌の浸透性が良い」と勘違いするので売れるらしい・・・とかって情報がありましが・・ほんと???

私は消費者側なので化粧水の事は詳しくは分かりませんが、エタノール・・・入れない方が良さそうです。

手作り化粧水って危険なの?防腐剤入れた方が良い?

調べていると今度は逆に手作り化粧水は一部の方は危険とか言われていますが、それは細菌などの雑菌が入ってしまうと危険ということのようです。

なので、

・容器は煮沸消毒か漂白剤などで殺菌

・使用期限は2週間以内で使い切る

を守ればまず大丈夫だと思います。

要は化粧水の中に菌が入らないようにすればよいということです。

一方防腐剤が入っている化粧水は常温で放置です・・・・し。
危険なのは実際どちらなのでしょうか・・・。

化粧水ひとつとっても知らない事って沢山ありますね。

私は今回防腐剤としてエタノールは入れていませんが、防腐剤を入れる時は、

・無水エタノールまたは消毒用エタノールを100mlに対して5ml(小さじ1)

入れると殺菌効果があります。

だからと言って常温で良いかというと菌の検査をしたわけではないので疑問ですけど・・・。

ちなみに水道水でも普通に化粧水が出来る様です。
水道水は塩素が入っているので元から殺菌効果があるようですが、化粧水に水道水を使うのは肌トラブルを避けるためにも止めた方が良いと思います。

「安いので精製水を使いましょう。」

精製水は水の成分以外の不純物が取り除かれているので、本当に何も入っていないです。
安全の高いお水ですが、雑菌が繁殖しやすく使用期限は短めです。

結局のところ私は、

「製水+グリセリンで2週間以内に使い切る」

が良いと思います。

作った化粧水はどこに使える?

手作り化粧水は全身に使えます。

手作り化粧水は全身に使えます。
全身なので頭皮にも使っても頭皮の乾燥を防ぐことが出来て良いです。

気兼ね無く使いたい放題です。嬉しいですね。

ということで早速お風呂上りに全身に使ってみました。

精製水とグリセリンだけなのでスプレーした時は普通に水をスプレーしている感覚です。

冷蔵庫で冷やしているのでひんやりして気持ちいいです。

顔だけで無く、首や腕、足にもジャンジャン使えます。

手で馴染ませるとすぐに水分はなくなりますが、グリセリンの保湿効果で化粧水をつけた感覚は残っています。

「いや、結構良いんじゃない?コレ♪」

手作りだし・・・と思って軽く見ていましたが、意外につけごごちも良くてさっぱりしっとりします。グリセリンだけなのに!

100mlは意外に早く消費出来る量

お風呂上りや洗顔などで手作り化粧水を気兼ねなく使っていくと、

「以外にも減る量が早い」

です。
ジャンジャン使えますし、すぐに潤えるので気持ちが良いです。

家族で使ったら数日で使い切りそうです。

アトピーの方も使えると思います。

夫は昔は軽度のアトピーのようで、

今は膝の裏や首、頭皮などがたまに痒くなり、ステロイド系の軟膏を塗って治していたのですが、

ステロイドは頻発して使っているとあまり効かなくなってくるようです。

そこで手作り化粧水を使ってもらったところ、

「何故か痒くなくなった、刺激もないし凄く良い」

と言っていました。

風呂上がりに頭皮にもスプレーしておくと痒みが抑えられたとの事です。

アトピーの方の場合はグリセリンのみで試してみて、尿素入りの方で試しても良いと思います。

勿論最初は薄めでパッチテストしてからにしてください。

人によっては尿素が合わない方もいる様です。

グリセリンの量は使用感に応じて変更しましょう

最初グリセリンは100mlに対して5ml(小さじ1)位からスタートしましょう。

化粧水をつけてみて保湿感が足りないようでしたらグリセリンの量を10mlとかまで増やしても良いと思います。

ただ、グリセリンの量が多いとべたべたしたり、
痒みが出たりする可能性があるので冬とかの潤いが欲しい時に少しずつ増やすと良いと思います。

私の家族で試した結果は100mlの水で5mlのグリセリンでスタートしていますが、

さっぱりしていて保湿効果もある

ので満足しています。

グリセリンの効果

グリセリンの効果

そもそもグリセリンの効果は、

・肌荒れを押さえてくれる効果
・美肌になる効果
・強い保湿性
・狭心症(これはニトロ的なアレですね。)
・尿の分泌
・便秘の解消

などの効果があります。アルコールの一種で保湿性が高いので化粧水や軟膏などに使用されています。

グリセリンは石油由来のものと植物性由来のものがあります。
せっかく手作りなので100%植物性のグリセリンを選びましょう。といってもそれほどコストは高くないです。

グリセリンは皮膚のただれのヒドイ人などの皮膚疾患がひどい状態では悪化する場合があるようなので使用しないようにしてください。

ほとんどの方は大丈夫だと思いますが、一応使用する時は腕の内側などの部分で少量だけ付けてパッチテストをしてください。

赤みや刺激、痒みなどの問題が無ければOKです!

応用編:尿素をプラスしてみる

尿素

先ほど作った手作り化粧水に「尿素」をプラスすると肌がより柔らかくなります。

分量は、

・精製水・・・・250ml
・グリセリン・・・15ml(大さじ1)
・尿素・・・・・・25g

です。
これを原液とします。

これ、そのまま使っちゃだめですからね。多分肌荒れします。

原液を5倍以上に精製水で薄めて使用する

先ほどの原液を更に精製水で希釈して使用します。
顔に塗るなら10倍、手足なら5倍位で試してみましょう。

原液は半年持つ様です

尿素のパッケージの横に化粧水の作り方が書いてあります。
この原液、半年保管できる様です。

ただ、

異臭やカビ、濁り、沈殿、アンモニア臭がした場合は使用しないようにしましょう。

尿素の効果

尿素の効果は乾燥肌を潤う役目と膝やかかとなどの硬い角質を柔らかくしてくれる効能があります。

保湿機能とたんぱく質を分解する機能があるので肌を柔らかくする作用があるということです。ピーリング効果です。

顔が乾燥する乾燥肌の場合は役に立つと思いますが使いすぎは良く無いとも言われています。

膝やかかとが冬でガサガサで・・・

という冬の場合は尿素入り化粧水に変えて使用し、夏などはグリセリンだけでも良いと思います。

尿素入り化粧水はアトピーにも良いようです

また、尿素入り化粧水はアトピーにも良いと言われています。
肌の状態がかさかさになっている状態に効果が高いという事ですね。

正常な肌にはあまり必要が無いと思いますので試してみて調整するのが良いと思います。

応用編2:精油(アロマオイル)を化粧水に入れる

精油(アロマオイル)を化粧水に入れる

手作り化粧水にアロマオイル(エッセンシャルオイル)を入れるレシピもありました。

・ラベンダー
・ローズマリー
・グレープフルーツ
・イランイラン(ちょっとセクシー系?)

など沢山あります。色々試してみたい♪楽しそうです♪

アロマオイルは植物から抽出した天然のオーガニック揮発性オイルの事で、現在300種類とかあるようです。

リラックス、殺菌効果などの肌の改善効果が期待できる物があります。

また、アロマオイルは良い物を入れた方が良くて、保存性の問題から、エタノールを入れると防腐効果があるので良いようです。

応用編3:精製水の代わりにローズウォーターを使ってみる

精製水の代わりにローズウォーターを使う方もいました。
ローズウォーターはバラの蒸留したものでバラの成分が溶け込んだ物です。

ちょっとお高いです。っていうかちょっとした高級品です。

アトピーにも良いようです。
こだわりたいっという方は使ってみるのも良いと思います。

フローラルウォーターという物です。他にもバラだけでなく色々な種類があります。

おさらい1:ガラス製容器の場合は煮沸消毒

煮沸所毒は文字通り熱湯で殺菌する方法です。

まずは最初に容器を中性洗剤でしっかり洗いましょう。

鍋にお湯を沸かし、沸騰したら容器をしっかりトング箸などで完全に沈めます。

5分も煮れば殺菌完了でしょう。

取り出して綺麗な布やキッチンペーパーなどに逆さにおいて完全に乾燥させます。

後は容器の中に触れないように化粧水を入れて冷蔵庫で保管しましょう。

おさらい2:プラスチック製容器の場合は塩素系の漂白剤で除菌

プラスチック製の容器は煮沸消毒は出来ません。

なので塩素系の漂白剤で除菌するのがオススメです。

まずは中性洗剤で洗浄を行います。

次に漂白剤を少し入れて水を満たんにしてスプレーをシュッシュします。

もう水を満タンにしてフタをして20分~30分放置。

水で綺麗に流したら容器をさかさまにして完全に乾かします。

最後のすすぎを精製水にすると残留塩素も除去できると思いますがそこまで気にしなくてよいと思います。

また、プラスチック製の消毒はエタノールで消毒しても良いと思います。
除菌できれば良いので漂白剤が楽かもしれません。

どちらにしても、100均で売っているので数回使って劣化したら変えてしまうのも手でしょう。

まとめ:試した結果は市販の化粧水より良いかも

102

高めの化粧水や美容液も使ったことがありますが、節約して使ったりしてあまり意味が無かったり・・・。

これだけのローコストで使用感が良くて使いたい放題なので非常に良かったです。

家族全員だったらかなり有難い節約になりますし。

今後も継続して使う事にしました!

本当にこだわる上級者の方は、ヒアルロン酸などをいれたり、ビタミンC誘導体とかをいれたりしている方もいました。

お勧めです。是非お試ししてみて下さい。

⇒今回使用したグリセリン 100mlはこちら
⇒海外直送品Now Foods GLYCERINE VEGETABLE, 16 FL OZという商品も良い様ですよ。ちょっと待たないといけないと思います。

⇒今回使用したグリセリン 500mlはこちら
⇒こちらの方が得かも。

⇒今回使用した精製尿素 25g×4はこちら
⇒25g分けしているので使いやすいです。

⇒今回使用した精製水 500mLはこちら
⇒精製水であれば問題ありません。