1

化粧品を使っていると「あれ?なんか最近肌の調子が悪いかも!?」という時ありますよね?

敏感肌だから?それとも化粧品が悪い?

そんな時に有効なのが「自分で出来るパッチテスト」が簡単でオススメです。

新しい化粧品を使う時や、ヘアカラー、香水、日焼け止めなどのUVケア商品など、肌につけるものは多いですよね。

普段同じように使っていても体調が悪い時などに肌がピリピリしたり・・・。

パッチテストって名前は知っていても病院でするものだと思いがちですが、すぐに出来ますので、是非やってみましょう。

自分で出来るパッチテストのやり方は?

自分で出来るパッチテストのやり方は?

新しく肌につけるものをテストする方法の基本は、肌に塗って24時間放置するだけです。
判定方法は、

・赤くはれる
・赤みが出る
・痒みが出る
・炎症が出る
・かぶれる

などの肌の異常があるかどうかだけです。とっても簡単ですよね。

1.お風呂に入って清潔にする。

化粧品などは最低でも24時間は欲しいので、お風呂上りの清潔な肌につけるようにします。

2.テストしたいものを腕の内側に塗る

テストしたいものを腕の内側に、5円~10円の大きさで薄く塗ります。
綿棒でくるくる塗ると良いです。

塗り過ぎはティッシュやコットンで押してふき取れば大丈夫です。

しばらく乾燥させて後は放置します。

服の擦れや、汗、水などでテストしたい付着物が取れないようにする必要があります。

もし対象物が取れてしまったら追加で付け直せは大丈夫です。

3.24時間、48時間で様子を見てみる

24時間経過したら、対象の物を塗った場所を確認します。

もし、赤くはれる、赤みが出る、痒みが出る、炎症が出るなどの肌の異常があった場合は、

「貴方の肌に合わない物」

です。
アレルギー反応などが出ているので、勿体ないですが、使用は中止して使わないようにします。

化粧水、乳液、クリーム、口紅、日焼け止め、香水などの

「普段から1日中肌に塗るもの」

の場合は24時間はテストが必要ですが、もう次の日も同じ場所に付け直してテストして、48時間まで延長すると遅延アレルギーという隠れたアレルギーも分かるので、出来れば延長するのが良いと思います。

シャンプーや洗顔料、石鹸などは刺激が強いので精製水で10倍~100倍に薄める必要があるそうです。

また、脱毛・除毛クリームなどの短期で肌に作用する刺激が強いものは、除毛する場所をほんの少しの場所で試して、24時間たっても問題が無ければ大丈夫だそうです。

除毛クリームなどの元から刺激の強いものを、24時間とかパッチテストしてたら酷いことになると思いますので・・・気を付けて下さいね。

絆創膏でパッチテストをする場合

液体の物でパッチテストをしたい場合は、絆創膏のガーゼ部分に塗って貼っておくと良いです。

乾燥できるものはバンソウコウを貼らずに行った方が対象物が取れないです。

テスト対象によって分けると良いです。

自作で作った化粧水やオイルなどをテストするには絆創膏に2,3滴たらして付けておくと良いです。

ヘアカラーはアレルギーに気を付けた方が良い

ヘアカラーはなかなかパッチテストしないですよね・・。

しかし、ヘアカラーこそ結構危なかったりします。

一旦アレルギーになってしまうともう使えません。

特にヘアカラーなどの刺激が多い物の場合は、対象の物を腕に塗ってから30分など最初の段階で、肌のを確認してから続行します。異常がある場合は、その場で終了して下さい。

判定時間は、48時間が必要です。

2つの液体を混ぜるタイプの場合は毛染めをする時と同じように少量だけ混ぜ合わせたものを使用します。

ヘアカラーを使い続けていると突然アレルギー反応が出る事があるようなので、毎回パッチテストをしなくてはいけないらしいです・・・面倒ですけど・・・。

ヘアマニキュアは大丈夫なようです。

取扱説明書にはパッチテストの事が書いてあると思いますので見る様にしてみて下さい。

ヘアカラーについてはこんな動画がありました。

ひどいと、急に顔がパンパンになったりするらしい。

パラフェニレンジアミン・・・ジアミンアレルギー・・・めっちゃ恐っ!?

今度からヘアカラーする時はパッチテストした方が良いですよね・・こんなの見てしまうと・・・。

パッチテストのまとめ

パッチテスト アレルギー 異物 化粧品 化粧水 口紅 香水 ヘアカラー

今回は普段肌につける物の簡易パッチテストの方法を色々まとめてみました。

簡単に出来るので、新しい化粧品を使う場合は、最初に一度テストをしておくとよいと思います。

最近の化粧品では、そうそうかぶれたりはしないと思いますが、海外物の化粧品などは日本人とは合わない可能性もありますし。

また、生理中の場合は、正確に出ない時もあるようなので、生理が終わった1週間後とかにするとよいと思います。

大体は取扱説明書にパッチテストの事が載っているものが多いので、その手順にそってパッチテストをしてくださいね。

肌につけるものってやっぱり異物なわけですから・・・。
安心して付けたいですよね。

また、金属系やゴムなどの装飾系や、食品のアレルギーは病院でする他ないので、気になる方は病院の方で受診するようにして下さいね。