【ダイエットのおつまみ】電子レンジで作るお菓子・簡単ポップコーンがおすすめ♪

ポップコーンって年に何回かは食べますよね?

スナック菓子のポップコーンだと油や調味料が沢山使われているので、カロリーも高めであまりダイエットにはお勧めできませんが、自分で作った場合は別の話。

簡単に自宅で電子レンジでノンオイルポップコーンを作ることが出来るんです。

夫はポテトチップスが好きで、お酒のお供としてちょくちょく食べています。

夫:「何かポテチに代わる低カロリーな物ないのかなぁ」
私:「何か探してみるね。」

と言ったことから探しはじめ、たどり着いたのがレンジで作るノンオイルのポップコーンでした。

この方法を知ってからは、ちょくちょくポップコーンに置き換えて食べてもらってます。

ポップコーンの原料は高くないので凄く低コストのおつまみになりますし。

ポテチは美味しいですが、沢山食べるとやっぱりカロリーも高いし、身体にも良く無いですからね・・・。

ダイエットに効果的なお菓子として

とうもろこしの玄穀(げんこく)のカロリーは100gあたり350kcalと言われています。

ポップコーンにすると「かさ」が増すので、一回のポップコーンに使うのは20~30g位。

なので70Kcal~110Kcal 程ですね。

ポテチ1袋でも400Kcalとか平気であるので、ダイエットのおつまみにするにはとても良い食材ですよね!

もちろん味付にはちょっと工夫は必要ですが。それは下の方で私のオススメを紹介します♪

まずは作り方を紹介していきますね。

簡単!電子レンジで作るポップコーンの作り方

簡単!電子レンジで作るポップコーンの作り方

■材料
ポップコーン:20g~30g
(食べる分だけの適当量)

■作り方
電子レンジ500Wで2分半~3分位チン

これだけです。簡単ですよね!

紙袋が一番楽♪

色々なサイトで作り方が公開されていますが、紙袋にいれてレンジに放り込んでチンしてしまう方法が一番楽です。

紙袋が無い方は、A3の封筒やA4の封筒を紙袋代わりにしても出来ます。

紙袋でする時は空気が入る様に膨らませた状態でレンジに入れておいた方が良いです。

紙袋が無い時はお皿に紙の蓋をしても出来る

紙袋を切らしている時には、少し深めの耐熱の皿と紙のフタをするだけでも出来ます。

お皿は多少熱くなりますので火傷には気を付けて下さいね。

まずはコーンを適当に入れます。この位。

3
あんまり入れ過ぎると完成した時、お皿からはみ出るくらいの量になってしまいますので気をつけて下さいね。

今回はA4のコピー用紙を被せました。

熱に反応しない広告紙など何でもよいと思います。ツルツルの広告は試していませんが、普通の紙質の方が良さそうです。

4

お皿の横にセロテープでフタが取れないようにサイドに2か所位、仮止め固定しておきましょう。

パンパンはぜますので蓋が飛んでいかない程度に押さえておけば大丈夫です。

サランラップでフタをしても作ることが出来ますが、さわれないくらいお皿がとっても熱くなります。

また、熱を逃がすためにサランラップの横の空気穴を作るとレンジ内で、

それはもう・・・飛び散ります(爆

レンジの時間は気を付ける

レンジでチンするい時間は500wで2分半~3分位くらいですが、レンジやお皿によって違うと思いますので調整して下さい。

調子に乗って4分越えてくると、トウモロコシが焦げて、煙が出てきて失敗します。

粒が弾け切らずに多少残っても、レンジは3分位までの方が良いと思います。

私は何度か真っ黒にしたことがあります・・・。

ポップコーンの味付について

ノンオイル ポップコーン 味付け 醤油スプレー

ポップコーン自体はノンオイルで出来るので低カロリーで出来ましたが、問題は味付です。

本当はシンプルに塩を振ってうすしお味にしたい所ですが、塩を振るとノンオイルなのでポップコーン自体に味が全くつきません。

ほぼすべてお皿の下に振りかけた塩が落ちていきます(悲。

「なにこれ塩全然付かないし・・・」

これだと味が無いので、全然美味しくないです。

そこで、我が家でたどり着いたのが、100均などに売っている

「しょうゆスプレー」

です。といってもただの小さいスプレーです。

ボトルの中に好きな液体の調味料をいれてスプレーするだけです。

ドレッシング的な物でも、スプレー出来るだけの液体の感じであればダイジョブです!

これでシュッとスプレーすると、全体に味が付いて美味しくなります。

塩分取り過ぎにもとても良いですね。

ポン酢やだし醤油、サラサラのドレッシングなど、スプレーできるものをいれると色々な味が楽しめますよ。

ディップに♪

味に飽きた場合で、カロリーとか気にしない場合は、普通にマヨネーズやケチャップ、ドレッシングをディップ変わりとしてつけて食べても美味しいですよ♪

ノンオイルドレッシングもお勧めで美味しいです。

液体の調味料はすぐにつけて食べないと、ポップコーンがシュワ―っと小さくなってしまいますが・・・。

ポップコーンの原料1kgは買い?

私が使っているのはアマゾンの「クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kg」です。

ポップコーンの原料で一番売れていて口コミ・評価が高かったのでこれを使っていますが、味も良いと思います。

私の近所のスーパーでは無かったので、その辺りでは売ってないかもです。
業務系のスーパーならあるかも。

一回分のおつまみ代にしてみれば、物凄く安い単価のおつまみが出来上がります。

クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kgはこちら

口コミを見てもらうと人気なのが分かると思います。
ポップコーンを原料から作る人は多くいます。
病みつきになること必至です♪

良く洋画などで、外人がバケツ的なものに大量に入っているポップコーンを見ることがあると思いますが、原料1kgあると軽く何度が作れるほどの量になりますよ。

フライパンで作る場合

フライパンで作る場合は、ノンオイルでも4分弱で出来ると思いますが、上手に作らないと焦げる可能性が高いので、サラダ油、オリーブオイル、油を引いた方が良いです。

油を使う時は、油に塩を最初に振って作ると味が付きます。油が多ければ後で塩を振っても味が付きます。

油を使うほどダイエットとは離れていきますが。それはそれで。

トウモロコシはダイエットに良い?

トウモロコシは元々食物繊維やビタミンもあるので肌にはよいと言われています。

海外では、トウモロコシを主食にしている所もあるくらいですから。

お通じが良い事はお肌にとっても必須ですからね。

ノンオイルで作れば低カロリーなので、置き換えダイエットにもなりますし、普通に間食のおやつとして、また、おつまみとして食べても良いと思います。

食べ過ぎはやっぱりアレですけど・・・ね。

お子さんがいる方は、スナック菓子としてもお子さんに喜ばれる事必至ですね。

最後に。

このポップコーンはレンジでチンするだけなのでそこまで手間がかかりませんので、ダイエットのおつまみだけでなく、普通に重宝します。

これのおかげで、我が家ではポップコーンの既製品スナック菓子は一切買わなくなりました・・。

化学調味料もなしで食べる事ができるので身体にもとても良いですし。

是非試してみて下さいね♪

どうでも良い話ですが、ポップコーンの種類って「爆裂種」って言うんですね。

そしておつまみでよく見るフライしたジャイアントコーンはトウモロコシの房自体が大きいかと思っていましたが、実は軸が細くて、大きさはそんなに普通のトウモロコシと変わらないそうです。

知りませんでした。ま、どうでも良い話ですが・・・。

どうでも良い話ついでに・・・、
ポップコーンがはじける瞬間の動画がありました。

へぇ~って感じで。

こちらの動画は軸(房)のままポップコーンを作ってます。

ちょっと面白いですよね?食べてみたいけど・・・日本だと売って無さそうです。
味は同じでしょうけど。

1分位、暇が潰せましたね♪

それではまた次回^^