紫外線がシワ・たるみになるって嘘??原因を知って対策を!

紫外線がシミやシワ・たるみ、くすみなどの原因になると当たり前の様に言われていますが、本当にそうでしょうか?

一般的なシミやたるみの原因になる根拠は、紫外線で日焼けするとメラニンが生成、蓄積されることによってシミやシワ、たるみの原因になるという事が定説ですが、色々な情報を見ていると、

・生まれた時からの日焼けで蓄積されるなら、成人になった頃にはシミだらけだから嘘
・そもそも紫外線が原因ではなく動物性油脂や砂糖が原因だから嘘
・シミ対策には日焼け止めを塗っても意味が無いから必要なし

などの情報もあります。

紫外線が原因というのは大嘘で、動物性の油や砂糖が原因なんだと納得してしまいそうですが、はたしてそうでしょうか?

私も色々な書籍を読んだりしていますが、確かに化粧品関係の広告を見るとちょっと過剰な気がしますが・・。

「一体どれが本当なの??」

と迷ってしまいますよね?

という事で、今日はシミやシワ、たるみが出来る原因についてまとめ行きますね。

先に私の結論を言ってしまいますと、
・やっぱり紫外線は肌に悪い
・シミ・シワになる要因は他の要因もある
・何事も偏った過剰対策は禁物
です。

一つ一つ詳しく書いてみます。

そもそも紫外線を浴びて肌が日焼けする原因は?

まず最初に、日光(紫外線)を細かく分けると、UV-A波とUV-B波、UV-C波に分けられます。

地上に届く紫外線のほとんどがUV-Aと言われています。

皮膚の悪影響ではUV-C、UV-B、UV-Aの順番です。
(UV-Cはオゾン層により届かないとされていますが、オゾンホールによって届き始めているという説もある)

しみやたるみに影響する紫外線はUV-B・UV-Aです。

日焼けの主な原因はUV-B

紫外線日焼け原因 ターンオーバー メカニズム

特にUV-B紫外線を浴びると肌の浅い表皮に到達し、皮膚炎症を起こしてメラニンをつくる反応が起きます。
メラニン色素が表皮細胞に冷えてくると黒く変色してきます。

これが日焼けです。

一方、UV-Aの方は皮膚の真皮まで深く到達して細胞を劣化していく為、結果的にしわ、たるみなどの老化現象の原因になります。

日焼けは人によっては赤くなるだけだったり、黒くなったりとタイプが分かれますが、どちらにしても皮膚が炎症をおこし、肌を守るためにメラニンが作り出されるという現象には変わりがなく、お肌はボロボロ状態になります。

作り出されたメラニンはターンオーバーによって体外に排出

日焼けによって作り出されたメラニン色素はどうなるのでしょうか?

肌の部位にもよりますが、しばらくすると肌の新陳代謝によって排出されていきます。

日焼けサロンに何度も通い続けなくてはいけないのはこういう理由だったりします。

しばらくすると肌の色が元の色に戻って行きます・・・はい、元通りです。

でも、ちょっと待って?

それだとシミやたるみは出来ないのでは・・・?

ターンオーバーは年齢を重ねるごとに遅くなる

「あれ?最近傷の治りが遅くなったかも??」

30代を超えてくると、ちょっとした傷も若い頃に比べるとなかなか治らないことありますよね?

傷跡もなかなかキレイにならなかったり・・・。

それと同じで、肌の新陳代謝も年齢とともにスピードのバランスが崩れてきます。

傷もシミの原因の一つですが、紫外線も同じで、新陳代謝の異常が年齢とともに多くなってくると、紫外線を浴びる事で結果的に肌に色素沈着が残り、それがシミになるというメカニズムなんです。

また、真皮にあるコラーゲンやエラスチン繊維を傷つけられる事によって弾力が無くなり、しわやたるみが出来てきます。

これを光老化とも言います。

若い年代は肌の再生力やターンオーパーの正常に働いているので、多少の紫外線を浴びてもシミになり辛いですが、
年齢を重ねてからの紫外線は、こういった新陳代謝の異常からシミやたるみになっていきます。

紫外線予防と対策。日焼けしてしまったら?

日焼け止め SPFとPA計算方法

外出する際の紫外線予防は、日傘、帽子、長袖、サングラスなどで予防しましょう。

マニアックな方になってくると室内も日光が入る為家の中でも完全防御している方もいると思いますが、私はそこまではしなくても良いと思っています。

また、日焼け止めはSPF/PAの高い物が基本的に良いですが、汗や皮脂で崩れてしまった時は全く意味が無くなります。

製品の崩れやすさも考慮に入れるようにして下さい。

また、極力汗をかかないような行動を考えてみて下さいね。
(さすがに真夏は難しいですが・・・。)

SPFの計算方法は、UV-Bを防ぐ単位で、SPF1は20分相当なのでSPF30は600分という事になります。

PAの計算方法は、UV-Aを防ぐ単位で、+,++,+++,++++の4段階で表します。

SPFが強い場合はお肌に悪いと言われていますので、私はSPF30の日焼け止めを何度か塗り直すようにしています。

それでも日焼けしてしまった場合は、早めのケアが大切です。

日焼けしてしまったら?
日焼けは一種の軽い火傷ですので保冷剤をガーゼ・ハンカチ、タオルなどに包んで冷したり、保湿をするようにしましょう。

シミ・シワ・たるみになる要因は他の要因もある

シミ・シワ・たるみ 原因 食事、ストレス、睡眠不足、喫煙、運動不足

シミやしわ、たるみになる要因は他の要素もあります。

それは「食事」と「ストレス」、「睡眠不足」「喫煙」「運動不足」などの生活習慣です。

一つ一つ見ていきます。

食事による要因
食生活が乱れると肌が荒れてきます。
肌を修復するために必要なのは、何といっても第一に食事です。
偏った身体に悪い食生活を送っていれば老化や健康を促進するわけです。
野菜を含めた規則正しい、バランスの良い食生活を目指しましょう。
ストレスによる要因
ストレスがたまると活性酸素が増えて悪い方向へ。
活性酸素が多くなると身体が酸化していわゆる「肌サビ」状態へ。
ストレスもまた老化を促進させます。
日本は特にストレス社会ですから・・・。
ストレス発散・解消するように努めましょう。
睡眠不足による要因
睡眠不足も老化を促進さえる原因です。
肌が乾燥したり、キメが荒くなることで結果的にシミを増やしてしまう原因になりあます。
睡眠時間よりも質を向上させる睡眠を目指しましょう。
喫煙による要因
言わずと知れた老化まっしぐらの代表格です。
私は吸いませんが、吸っている方は早々止められないものでしょうけど・・。
運動不足による要因
運動によって肌は新陳代謝を促進してくれますし、肌を作る機能も正常に働くようになります。
適度の運動はやはり必要ですよね。

こういった他の要因からも肌の老化現象によるシミやたるみが発生しますので、紫外線だけでなく、生活習慣そのものの中で、自分の思い当たる原因を見つけてみましょう。

何事も何事も偏った過剰対策は禁物

シワ・たるみ 原因 対策

他にもシワ・たるみになる原因は今回紹介した原因以外にもまだまだあると思います。

結果的な所、シワやたるみを改善するアンチエイジングを行いたい場合は、紫外線予防一つでは無く、総合的に普段の生活習慣も気を付けないと意味が無いと言えます。

例えば極論で言うと日光に当たらない完璧な方法は、
「地下に住んで一歩も外に出ず、お日様に当たらない」
のが一番良いと思います。

そして動物性の油が悪いからと言って野菜オンリー生活をおこなったとしても、

「ストレスがたまります!」

ストレスが溜まれば睡眠不足に陥り・・・。永久ループです。

それでは意味がありませんし・・・。

シミ・シワ・たるみが出来る原因のポイントは、

・やっぱり紫外線は肌に悪い
・シミ・シワになる要因は他の要因もある
・何事も偏った過剰対策は禁物

ということです。

アンチエイジングしたい!としわやたるみの原因を探っていけば行く程、偏ったものを徹底的に全力で防御するのでなく、

原因や仕組みを知った上で、バランス良く、ストレスなく、過剰にならず、

普段の生活に自然に取り入れるのが一番だと私は思いました・・。(あれ?作文?)

追記:
夫にも身体に良いからと、何もかも制限したら煙たがられて怒られそうですし・・・。
そして私は甘いものが大好きです・・・。

ストレスにならないように楽しみながらアンチエイジングしたいですね!