安眠のツボ10選!睡眠不足解消に効果大!?(図解入り)

なかなか眠つけなくて睡眠不足になってしまう時ってありますよね?
考え事や不安、会社のストレスなど・・・。

眠ろうとすると余計に眠れなくなって、

「アレ?眠るって・・??どうするの?」

ってなることありますよね?

・布団に入っても寝付けない
・寝る事ができても熟睡できない
・毎日全然寝足りない

そんな時は快眠ツボ療法を是非試してみてはいかがでしょうか?

今回紹介する安眠ツボは、体をリラックスさせ、自律神経のバランスを整えてくれる効果があると言われています。

ツボを押すだけですから今すぐ実践できて、快眠を促す手助けになってくれると思います。

私も寝付けない時に自分で押すつぼです。

自分でつぼを押す場合は簡単で、親指で刺激したり、指を曲げてこぶしを握り、中指や人差し指の第2関節の突起部分を使って押すと効果的にツボを刺激できます。

木の突起物を使用したり、ツボ押し棒を使っても良いと思います。

図解でまとめてみました。
イライラやストレス緩和にもお役に立つと思いますので是非お試ししてみて下さい。

頭のツボ:百会(ひゃくえ)

頭のツボ:百会(ひゃくえ)

百会は顔の中心と耳の上が頭頂部で交差する位置にあります。
頭のつむじより前付近で、ちょっとヘコミがある部分です。

自律神経を整えてくれる効果がある万能ツボです。
不眠だけでなくストレスや頭痛、肩こりなどでも有効と言われています。

私にとって百会は効果的で、結構細目に刺激しています。

ツボの押し方
・両手中指で押す
・指を曲げてこぶしを握り、中指や人差し指の第2関節の突起部分を使って押す
回数
5秒位押し止め、5回~10回:お好みで痛気持ち良いくらいで押すと良いですよ。
私はグリグリと回すように刺激したりします。

耳のツボ:安眠(あんみん)

耳のツボ:安眠(あんみん)

耳の後ろの骨の下よりも少し下、耳たぶの高さほどにありますが、ここって場所がわかり辛いので、両手の人差し指・中指・薬指を耳の後ろに当ててもみほぐすと良いです。

両方の見もの後ろにあります。

そのままずばり、「快眠のためのツボ」です。
寝る前に押してみましょう。

リラックス効果がありますよ。

ツボの押し方
・両手の人差し指・中指・薬指を耳の後ろに当ててもみほぐす
・後頭部を掴むようにし、親指でギュッと押す
・片手ずつ後ろ手にまわし対角の安眠のツボを中指を中心にもみほぐす。

回数
1分位で良いのでもみほぐすようにマッサージしながら刺激すると良いです。

耳のツボ:完骨(かんこつ)

耳のツボ:完骨(かんこつ)

完骨は耳の後ろの骨を下に探すと髪の生え際あたりにくぼみがあります。
耳たぶよりも下のあたりです。

安眠のつぼと一緒にほぐすように刺激しましょう。
首の痛みやリラックス効果が期待できます。

ツボの押し方
・両手の人差し指・中指・薬指を耳の後ろに当ててもみほぐす
・後頭部を掴むようにし、親指でギュッと押す
・片手ずつ後ろ手にまわし対角の安眠のツボを中指を中心にもみほぐす。

回数
1分位で良いのでもみほぐすようにマッサージしながら刺激すると良いです。
5秒位押し止め、5回~10回:お好みで痛気持ち良いくらいで押すと良いですよ。

首のツボ:天柱(てんちゅう)

首のツボ:天柱(てんちゅう)
天柱は頭と首の付け根の付近で、髪のはえぎわと首の後ろの筋肉の上より少し外側のくぼみにあるツボです。

こちらも自律神経に効くツボです。

ストレスや肩こり、抜け毛にも効くようですよ。

ツボの押し方
・両手の人差し指・中指・薬指を耳の後ろに当ててもみほぐす
・後頭部を掴むようにし、親指でギュッと押す

回数
5秒位押し止め、5回~10回:お好みで痛気持ち良いくらいで押すと良いですよ。

顔のツボ:太陽(たいよう)

顔のツボ:太陽(たいよう)

太陽は眉毛と目じりの延長上にクロスするところ。目じりから指1本分離れた箇所です。

こめかみよりも眉毛と目尻に近い所です。

目に近いので優しく押してあげて下さい。
太陽は目の疲れにも効果的なツボです。

ツボの押し方
・両手の人差し指・中指・薬指を当ててやさしくもみほぐす

回数
・1分位で良いのでもみほぐすようにマッサージしながらやさしくもみほぐす。
・5秒位押し止め、5回~10回:やさしく押す。

手のツボ:合谷(ごうこく)

手のツボ:合谷(ごうこく)

合谷は有名だと思います。
人差し指と親指の骨の根本にあるくぼみがある所が合谷です。

ここをギュッと刺激すると結構痛い方が多いと思います。

睡眠にも効果的ですが、頭痛、歯痛、肩こりなど万能つぼなんです。

私は痛いのが気持ちいい!っと結構強く押したり、ぐりぐりしてしまいます。

ツボの押し方
・親指と人差し指で挟んで出来るだけ直角にツボ押しします。
・グリグリ回すように刺激しても良いです。

回数
・1分位で良いのでもいた気持ちいい位でマッサージしながらもみほぐす。
・3秒位押し止め、5回~10回:強めに押す。

手のツボ:労宮(ろうきゅう)

手のツボ:労宮(ろうきゅう)

労宮は手の平の真ん中、グーを握った時の中指と薬指の先の間当たりに位置します。

自律神経を安定させると言われ、イライラ、ストレスの解消や、リラックス効果が期待できます。

手汗を止めるにも効果的なようです。

ツボの押し方
・親指で出来るだけ直角にツボ押しします。
・グリグリ回すように刺激しても良いです。

回数
・5秒位押し止め、5回~10回:押す。

足のツボ:行間(こうかん)

足のツボ:行間(こうかん)

行間は足の甲側、親指と人差し指の付け根付近に位置します。
イライラ、自律神経を安定させるのに効果的です。

ツボの押し方
・親指側を挟むようにして親指で出来るだけ直角にツボ押しします。
(右足は左手・右足は左手)
・ゆっくり揉んであげて下さい。

回数
・5秒位押し止め、5回~10回:ゆっくり押す。

足のツボ:失眠(しつみん)

足のツボ:失眠(しつみん)

失眠はかかとの真ん中にあるツボです。

不眠症対策にとてもよいと言われています。

眠れない時かかとを布団にすりつけたりするだけでも良いですよ。

ツボの押し方
・手の親指で強く押す
・指を曲げてこぶしを握り、中指や人差し指の第2関節の突起部分を使って押す
回数
20回ほど手でたたく。
親指でぐ5秒位押し止め、5回~10回:ゆっくり強く押す。
踵を布団に擦り付ける

足のツボ:湧泉(ゆうせん)

足のツボ:湧泉(ゆうせん)

湧泉は足の裏を手前に曲げた時、ヘコミが出来ると思いますが、その中心に位置します。

足裏の中心より上の位置です。

体の疲れを取り除いてくれる効果があります。

不眠症だけでなく、生理痛や冷え性などにも効果を発揮してくれる万能ツボです。

ツボの押し方
・手の親指で強く押す
・さするのも効果的
回数
親指でぐ5秒位押し止め、5回~10回:ゆっくり強く押す。
足裏が温まるまでさする

まとめ

今日は安眠・快眠に導く10のツボを図解付きで紹介しました。

この記事を書きながら1つめの百会をつぼ押していると・・さっそくうたた寝・・・。
なんとか書くことが出来ました。

ツボ刺激は自分で気軽にできますし、私は実際にとても効果があるので眠れないときはツボ押ししています。

年を重ねるごとに徐々に眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったり・・・。

思い返すと、若い時の方が睡眠も今よりも質が良かった気がします・・。

「寝付けない、何か手軽な方法ないの?・・」

そんな時にツボに出会いました。

今すぐできるので、この10個のツボを是非覚えて試してみて下さいね。