顔のたるみ・シワを改善するには?原因と対策方法総まとめ

たるみ・シワ・・・年齢を重なるたびにじわじわと忍び寄る重力の壁。

若い頃は良かったのに・・・。

「あれ?少したるんできたかも!?」

と感じた時って本当に嫌なものですよね?

「どうにかたるみやしわも一気に改善したい!」

と思い、取りあえず、肌を両手でリフトアップしてみたり・・・。

こういった経験は皆さんもあると思います。

色々な情報を見ていると情報も散乱しています。

「一体何が正しいの!?」

ますますスキンケアの迷路の奥深くに入っていきます。

私も色々な情報を見て実践していますが、たるみやしわを改善するには一体どうすればよいのでしょうか?

しかもお金を掛けずに。

私なりの結論から言いますと、

「出来るだけ顔には触らず、刺激を与えず、伸ばさない。そしてツボ押し」

という結論にたどり着き、現在実践しています。

何故そうなったのかを、たるみやシワの原因&その過程でぶつかった疑問、その改善方法について詳しくまとめていきますね。

そもそもたるみやしわの原因とは?

たるみやしわの原因については知っている方も多いと思いますが、もう一度おさらいしておきますね。

たるみ・しわが出来る仕組み

たるみやしわの原因 仕組み

皮膚がたるんできたリ、しわが出来る原因はズバリ簡単に、


1.皮膚のコラーゲンが減少(劣化・変性)
2.その部分が皮膚を支えきれなる
3.皮膚の弾力がなくなる
⇒結果、たるみ・シワが発生する

この3つのサイクルがたるみ・シワの原因になります。

コラーゲンは、今や当たり前に知っていると思います。

ではコラーゲンがある場所は肌のどこでしょうか?

人の皮膚は、目に見える肌表面から表皮、真皮、皮下組織の順番に層になっています。
コラーゲンがある場所は真皮層です。

真皮層は表皮とは違い、代謝するのに数年掛かると言われています。

たるみやシワが簡単に改善しない原因のはこの為です。

真皮層は実際にはエラスチンという物質やヒアルロン酸などがコラーゲンと組み合わさって作用していて肌の弾力を保っています。基本的にはコラーゲンが大半を占めています。

それでは何故コラーゲンが減少(変性)していく理由は沢山ありますので一つずつまとめて行きますね。

加齢による老化

たるみ シワ 加齢による老化

年齢を重ねていくとコラーゲンなどを作り出す「線維芽細胞」という細胞が活動が少しずつ衰えてきます。

耳を背けたい「老化現象」と言われるものです。

老化は自然なことですが、出来れば「あらがいたい」ですよね?

単純に老化だけでたるみやシワになるのだったら、皆同じようにたるみだらけになりますし。

しかし年配の方でも憧れるような肌にハリがあって綺麗な方は沢山います。

綺麗な方がいるわけですから、ただ単純に年を取ったらたるみやシワが出来る訳ではありません。

私も諦めていません。

結果的に、この「老化」につながる原因が他にもあるからです。

もうすこし細かくまとめていきます。

紫外線よる原因

たるみ シワ 老化 紫外線よる原因

紫外線を浴びるとシミなどの原因になりますが、紫外線の中でもUV-Aは肌の真皮まで到達し、線維芽細胞にもダメージを与えてしまいます。

線維芽細胞の活動が弱まれば、たるみやシワの原因になります。

紫外線って怖すぎデス・・。日焼けは厳禁ですね。

甘いものがたるみ・シワになる

たるみ・シワ 糖化 甘いもの

糖類(炭水化物・お菓子・スイーツ)を摂取する事によって体内では「糖化」という現象が起きます。
体内で余った糖が反応して結果的にコラーゲンの弾力を低下させてしまいます。

生活習慣病(食生活の荒れ)によるたるみやシワですね。

私は甘いものに目がありませんが、出来るだけ気を付ける様にしていますが・・・。
夫が食べているのを見ると・・・ついつい手が伸びて・・・。

甘い物とアンチエイジング・・いつも葛藤しています。

ダイエットによる皮膚のたるみ

ダイエットによる皮膚のたるみ

ダイエットは健康にも良いのでとてもオススメです。

しかし、急激なダイエットでお腹や腕、顔にたるみが出来るのは皆さんも周知の事だと思います。

私も若い頃、10キロ単位の減量をしましたが、今でもお腹周りの皮膚が少し残っています。

特に運動をしない急激なダイエットは、皮膚が対応しきれない為に、たるみやすくなります。

年齢を重ねるごとにダイエットたるみは戻り辛くなっていきます。

ダイエットする際は、たるみやシワの事も考慮して、必ず運動を取り入れる様にして下さい。

睡眠不足による原因

たるみ・シワ 睡眠不足による原因

「睡眠不足はお肌の大敵!」まったくその通りだと思います。

睡眠中に新陳代謝が進むので、睡眠が不足してくると新陳代謝が不規則になり、たるみやシワにつながります。

睡眠は超絶大切です。

ストレスによる影響

たるみ シワ ストレスによる影響 原因

ストレスとたるみ・シワはとても密接に関係しています。

ストレスは活性酸素を発生させたり、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れたり・・・。

肌もそうですが、健康そのものにも多大な影響を及ぼします。

また、睡眠不足とも関係していますので、ストレスと睡眠はセットで改善していきたいですよね。

喫煙によるたるみ・シワ

喫煙によるたるみ・シワ 老化

煙草による悪影響によってたるみ・シワが増えるのは皆さんもご存知の通りです。
一生懸命ケアしても追いつかない位の影響があるそうです。

そうそう止められないとおもいますが、禁煙をオススメします・・・。

頬杖や顔を触る癖(顔への摩擦)による原因

たるみ シワ 頬杖や顔を触る癖(顔への摩擦)による原因

生活の中で無意識に「ほおづえ」や顔をさわっていませんか?

気にしてみると意外にクセになっていると思います。

顔に触ると言えば、他にも、お化粧する時や化粧水を塗っている時、お風呂に入っている時、机に向かっている時など・・

「肌に力を加えて触っている」

ということはたるみやシワ・シミに大きくかかわっている事が分かってきており、書籍にも多く載っています。

理屈は簡単。

・ピアスの穴はどんどん広げようとすると広がり、一度広がると戻り辛い
・下着の紐のところって黒くなりやすい・・・など

これが答えです。

同じ皮膚ですから。摩擦や皮膚を伸ばすことが悪影響なのが想像できます。

また、頬杖は強い力で支える為、程度によっては顔の骨格も歪んでしまう程です。

よく考えると、恐ろしい・・・。

顔の筋肉が衰える事による原因

顔の筋肉(表情筋)が衰えていくと重力に逆らえなくなり、たるみやしわの原因になります。

あくまで目じりなどの表面の小じわなどではなく、二重顎やほうれい線、頬の筋肉を鍛える事は効果的と言われています。

「あいうえお体操」や舌を出しながら上を向く顔の筋肉トレーニングが流行っていますね。

ただ、顔にしわを作りながらトレーニングすると、かえってたるみやしわを作ってしまう事になる可能性がありますので注意が必要です。

美容に徹底する方は「笑いジワ」も出来ないように笑わないなかったり、無表情をしている方もいる様です。

【たるみ・シワ改善の疑問】その1:顔マッサージは良いの?悪いの?

【たるみ・シワ改善の疑問】その1:顔マッサージは良いの?悪いの?

美顔マッサージやエステはブームです。

しかし最近では、顔マッサージが良いかについては、実際の所、

「絶対良い!」「もってのほか」両方の意見があります。

マッサージは皮膚を引っ張ったり伸ばしたり、揉んだりするワケですから・・・。

特に個人で行う場合、気軽にできる反面、回数や時間も多くなるわけですから、マッサージをする場合は正しい方法、マッサージクリームやオイルで肌を擦らないように丁寧に行う必要があります。

【たるみ・シワ改善の疑問】その2:顔ツボ押しは良いの?悪いの?

【たるみ・シワ改善の疑問】その2:顔ツボ押しは良いの?悪いの?

たるみ改善の顔のツボを押すことは私はとても有効だと思います。

ツボは肌をおすことになりますが、血行を促進し、リンパの流れを良くしてくれる効果が期待できます。

私はマッサージは顔を触ってしまいますし、まだ効果的な方法にたどり着いていないので、積極的にツボ押しを取り入れています。

たるみやシワ、ほうれい線に効くツボの参考記事はこちら
たるみやシワ、ほうれい線に効果大!?簡単顔ツボ押し方法総まとめ【図入り】

お風呂上りに化粧水を付ける時に、一緒にツボを押す癖をつけて実践しています。

【たるみ・シワ改善の疑問】その7:洗顔はマッサージも兼ねてした方が良いの?悪いの?

【たるみ・シワ改善の疑問】その7:洗顔はマッサージも兼ねてした方が良いの?悪いの?

洗顔(クレンジング)と同時に目の周りをこすったり、顔をゴシゴシ洗ってたり、たるみやしわ予防にと、マッサージをしていませんか?

洗顔は顔の皮膚が動かない程の力で、撫でる様にクレンジングをする事が必須です。

肌を傷つける事の他に色素沈着やシミや肝斑の元になったり、肌が傷つけられることで結果的にたるみやシワに繋がります。

しっかりと泡を立て、優しく泡を使って洗い、シャワーを直接当てず、ちょっと冷たい程度の水で流しましょう。

顔の油が取れて、キュッとしていないと気が済まないと思っているのは間違いです。

すすぐときも肌をゴシゴシしないようにしましょう。

お化粧も化粧水も極力優しく付ける様にしましょう。

また、洗顔のタオルドライも同じくやさしく。

【たるみ・シワ改善の疑問】その3:コラーゲンドリンクやサプリは良いの?悪いの?

【たるみ・シワ改善の疑問】その3:コラーゲンドリンクやサプリは良いの?悪いの?

コラーゲンドリンクや、サプリは今では美肌を目指す方の主流のサプリと言って良いですよね?

しかし、残念ながらコラーゲンを摂取しても、必ずしも肌のコラーゲンにはなりません。

コラーゲンは食べた後、アミノ酸に分解されるので、再びコラーゲンに合成され、肌のコラーゲンになるというかというと、

「定かではない」

という説の方が有力です。

アミノ酸は体のあちこちで必要なので、皮膚のコラーゲンに使われるのは最後の方だという説が多いです。

あたかもコラーゲンを飲めば、肌が誰もがピチピチになるようなCMは多いですが・・・。

勿論コラーゲンサプリがダメという話ではありません。
人によっては効果があったという人もいますので、その他の食生活とも関係しているので個人差があります。

もしコラーゲンを食べるなら、数日ではまず効果が見込めないので、継続してみて判断してみて下さい。

プラシーボ効果の場合もある
プラシーボ効果はいわゆる思い込みによる実現です。
サプリを飲む事がプラシーボ効果のトリガーになっているのであれば、それはそれで大きな成果だと思います。

最近では低分子のコラーゲンも安くなりましたから。

私は1ヶ月程試しましたが、効果が感じられなかったので現在は封印しています。

【たるみ・シワ改善の疑問】その4:コラーゲン化粧品は良いの?悪いの?

【たるみ・シワ改善の疑問】その4:コラーゲン化粧品は良いの?悪いの?

こちらもコラーゲンを口径摂取する場合と同じで、コラーゲン化粧品を肌に塗ってもたるみやしわには効かないという説が多いです。

コラーゲンを低分子にした物は浸透性が高いので肌の奥深くまで浸透して・・・

皮膚に浸透しても肌のコラーゲンにはなりません。

ただ、保湿には役立ちます。

【たるみ・シワ改善の疑問】その6:レチノールは良いの?悪いの?

たるみにはレチノール(ビタミンA)という成分が良いと言われてきています。

しかしレチノールは販売中止事件(第一三共ヘルスケア:ダーマエナジー)があったように発疹がでたり、かぶれたりと相次いで発生しました。

現在も他の会社からも発売されていますが、たるみというよりは、皮膚の表面の小じわ系やシミにも効果があるようです。

効果は個人差がある様なので試すときは慎重に。

まとめ:お金を掛けずにたるみ・シワ改善・対策は出来る事が沢山ある

お金を掛けずにたるみ・シワ改善・対策は出来る事が沢山ある

今回は肌のたるみ、しわの原因や対策方法についてまとめてみました。

私自身、現在行っているたるみやシワのケア方法は、最初に書いたように、

・日焼けをしない
・甘いものを出来るだけ我慢する
・ダイエットは必ず運動を取り入れる
・睡眠は絶対必須、質のいい安眠を心掛ける
・安眠のツボを押す
・お風呂上りや化粧水を付ける時に顔のツボを押す
・ストレスを溜めない
・タバコを吸わない(元々吸っていませんが)
・皮膚を伸ばさない
・頬杖(ほおづえ)をしない
・極力顔には触らない
・洗顔は顔に刺激を与えないよう心掛ける
・洗顔はすすぐときも肌をゴシゴシしないようにする
・洗顔のタオルドライも同じくやさしく
・お化粧も化粧水も極力優しく付ける様にする

という方法を実践しています。

私は、少なからずこの方法で、現状維持は出来ていると思います。
シミも今のところ増えていません。

ダイエットによるたるみでもそうですが、肌は元々ハリを戻してくれる作用があります。

まずは、自分の肌の再生力を信じてお肌に刺激を与えない生活をしてみて下さい。

最初は、一つ一つは簡単ですが、実践しようとすると、普通に顔を触ってしまったり、頬杖してしまうので意外に大変だと思いますが、クセ付けすると慣れてきます。

全くお金がかかっていませんが、少なからず効果を発揮してくれると思います。

化粧品の広告を見ていると、あれもこれも使ってみたくなりますが、使うのは生活習慣の見直しをしてからで良いと思います。

色々書き過ぎて長文になってしまいましたが、是非ご参考になればと思います。